紐サボテンのキリン団扇接ぎ


温室の中は暑いのでつい自室から撮影できるサボテンが主役になってしまいます。

ウイルコキシア属 クロエンレイニー に続いて、今回は 珠毛柱と銀紐を接いでみました。
どちらも大きく(細長く)なり過ぎて見苦しく、管理も難しくなってきたので、再生する為の接ぎ木です。

P3290227.jpg
 珠毛柱の花


P8280048.jpg
 珠毛柱の脇芽1本を
 2分割したもの

 接いで10日しか経って
 いないがもう成長して
 いる

 向こう側のは下部から
 仔が吹いている


P8280082.jpg
 同じく 銀紐

 脇芽が出ないで 高さが
 1m 近くになったので
 先端部をキリンと袖ヶ
 浦に接いだ

 こちらも成長開始

 凄まじい勢いである


P8280088.jpg
 袖ヶ浦接ぎ

 最近は伸縮包帯接ぎが
 主流のようですが手が
 3本必要なのでは?
 私には無理

 糸架けだと維管束同士
 を正確に合わせられる

 この糸は2倍くらいに
 伸びる繊維糸
 (ナイロン糸はダメ)


P8280090.jpg
 活着した様子であるが
 まだ成長はしていない


P8280002.jpg
 残りは挿し木に

 非常に硬く カッター
 では切れなかったので
 剪定鋏を使った
 根元の径3mm で立っ
 ていられるはずですね


P8300080.jpg
 その根元
 低くなったので支柱を
 外したが 次は円形支柱
 にしようと思っている

 根元径は3mm足らず

 仔が噴いてきた


P8300088.jpg
 くどいが その拡大写真


P4230162.jpg
 銀紐の花 

 円形支柱に這わせると
 美しい群開に出会える
 かも
 (◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) (*゚▽゚*)



 最近 頻繁に本ブログを作成した最後に 「記事を保存」 キーが反応しない事象がおきます。
 例えば ワードで文章を作成中に停電してしまったのと同じです。
 また最初から作成を3回繰り返したことも。

 解決策として、そうなった場合 記事をワードに貼り付けておくことを覚えました。
 新しい投稿ページ(推奨)が出来ていますが 写真の横に説明記事を表示する技が
 分らないので使いません。

 今月の例会は 10日 PM13:30 開始です


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

煩わしいキリン団扇の脇芽処理

お詫び
投稿ミスを防止するために 記事の作成は、予約投稿に設定してから始めるのですが、昨日 表題部を入力した時点で投稿してしまうというミスを侵してしまいました。
ただ 文字変換を確定するために ENTキー を押したつもりだったのに!→ 即公開
「公開しますか?」と言った確認メッセージがあってもいいのでは?
中身のないブログを公開してしまったのを削除する方法が分らない  ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
(引き続き その記事を完成させたので 表題部のみ公開した管理記事は存在しない)
これで3回目かな?

ネタ不足に陥っているこの頃ですが、日を空けずに投稿する羽目に!

さて、キリン団扇の脇芽処理が煩わしいと言っても 出窓フレームから取り出して 1鉢ずつ処理するのも じっくり観察できて楽しいものです。

P8280076.jpg 道具はこれ
 メス と ピンセット

 医療用メスは細長い形
 状の刃先が便利

 ベルトサンダーを使っ
 て極細目のサンドペー
 パーで研磨

 一瞬で研げる


P8280054.jpg
 ちょっとサボるとこの
 とおり

 3週間サボったかな?


P8280056.jpg
 処理後

 スッキリ (*^ー゚)v


P8280062.jpg
 切り取った脇芽

 露地栽培のキリン団扇
 のほうが径が太くて葉
 の間隔が詰んでいるか
 ら これは破棄




P8280094.jpg
 接ぎ台にしようと種子
 を入手した大豪丸錦
 錦は要らなかったが そ
 れしかなかったから
 ただし いまだ斑は確認
 できないでいる

 30粒ほど蒔いて3個
 キリンに接いだところ
 こんなに群生した

 この個体は8頭の群生


P8280008.jpg
 同 実生苗

 エキノプシス属だから
 短毛丸のような台木に
 したいが それより少し
 弱そうな気がする

 刺が無くて扱いやすい
 と思ったが どうだろ




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

銀冠玉の斑が出現する確率


題材が、他の方のブログと重複してしまうのですが、違った角度から紹介してみます。
会長から 銀冠玉(錦)の実生2か月苗を 10個ほど頂戴し、全てキリン団扇に接ぎました。
その中から 斑らしきものが確認できたのが2個あり、1個生き残ったのが以下の写真です。
斑が出現しなかった他の個体は、これより大きく育って 接ぎ降しました。

P8260008.jpg
 刺好きの私には このよ
 うな属は興味なかった
 のですが 高価に取引さ
 れているので育ててみ
 ることに (´△`)↓

 動機が不純で情けない

 会長は 錦をたくさん
 持っていて業者に目を
 付けられているのだと
 か


P8260004.jpg
 失礼を承知で「 こんな
 ボケ斑のどこがいい
 の?」と聞いてみると
 「同感だ」とのこと


P8260030.jpg
 烏羽玉錦の片斑ですが
 これくらい濃い斑だと
 いいのですが


P8260036.jpg
 反対側

 斑が散るとボケるの
 かな?


P8260039.jpg
 キリン団扇との相性が
 いいし今のところ永久
 台木に成り得る感じ

 接げば 1年で開花する
 ほど大きくなるが これ
 は余剰苗で 露地栽培
 (置く場所がないから)






にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

接ぎ台用の竜神木実生苗の成長


最近、輸入種子の竜神木が思うように育たなくなり 腐敗苗も発生してきた。
断水気味なので 用土と水やりの頻度が合っていないのだろう。

P8180086.jpg 水やりの回数を増やせ
 ばバタバタと腐ってい
 くし 辛目にするとこん
 な具合に根元が細くて
 勢いもない
 (昨年の5月に種蒔)


P8180092.jpg そこで細い根元の上で
 カットして新しい根を
 出させることにした

 そして温室からベラン
 ダに移動して乾燥させ
 ないよう注意したとこ
 ろ こんなに元気になっ
 てきた
 
 これなら脇芽にも期待
 できそう

 風通しがいいので腐ら
 ないのだと思う

 カットしていない苗は
 まだ小さかったもの


P8250153.jpg
 肝心のカット苗も いい
 感じに育ち始めた

 これならガンガン水や
 りできそう


P8250161.jpg
 双方とも元気になって
 きたがカットした方が
 いいのは一目瞭然



温室にあと10鉢あるが、カットすべきかベランダに移動するだけでいいのか思案中。
ともあれ、強健な筈の台木に これだけてこずるとは (。´-ω・)ン?v

数年前 三稜柱の実生は 細長く育って径が出なかったので破棄したことを思い出したが、
それより楽です。




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

大分丸に花&紐サボテン


4月の例会で業者訪問した際に入手した レピドコリファンタ属 大分丸モンスト、蕾に気づかなかったので 突然花を見た恰好。
疎らな咲き方で、こんなものではないと思うが どんなんかな?

P8130015.jpg
 入手と同時にやや大き
 目の鉢に植え替えたが
 もう余裕がなくなった

 大き過ぎるのでバラし
 てみようかと思考中


P8130019.jpg
 他に蕾は見えない





P8070026.jpg
 この冬 キリン団扇に糸
 架け接ぎした紐サボテ
 ン

 ウイルコキシア属
 クロエンレイニー

 ある方のブログをみて
 私のキリン団扇と交換
 して頂いたのですが
 これってキリン団扇?
 白い毛があり葉が大き
 く径も太い

 原色サボテン事典で
 照合すれば
 キアベンチア属
 チャコエンシス
 と酷似している

 径が太いので使った 


P8130031.jpg
 もうひとつ
 同台付き降し苗

 赤ちゃんの指先ほどの
 カキ仔が半年余りでこ
 んなに成長するとは
 ビックリ 


P3290231.jpg 同開花写真
 3月29日撮影

 花は先端部にしか咲か
 ないので大きくしても
 不格好で場所をとりす
 ぎる
 そこで上の株に刷新し
 ようと思っている
 他に 銀紐と珠毛柱を
 持っているので接いで
 刷新する予定





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る