FC2ブログ

斑入りサボテンの続々編です

 
2回で紹介しきれなかった、斑入りの最終版です。
そう多くは持っていないと思っていたのですが、3回も続けられたとは。

PB020042.jpg
 アストロフィツム属
 瑠璃兜
 袖ヶ浦接ぎ



PB020034.jpg
 同
 接ぎ降し


PA300189.jpg
 同


PA300159.jpg
 アストロフィツム属
 碧瑠璃鸞鳳玉
 袖ヶ浦接ぎ降し


PA300157.jpg
 同


PB160140.jpg
 同
 竜神木接ぎ


PB020032.jpg
 同 
 キリン団扇接ぎ降し

 ベタ斑気味から復活できるか
 その兆しはあるような


PB020040.jpg
 同
 鸞鳳玉

 やはり さんまは目黒
 鸞鳳玉は碧瑠璃に限る


PB020036.jpg
 アストロフィツム属
 大鳳玉


PB020016.jpg
 フェロカクタス属
 金冠竜? 
 袖ヶ浦接ぎ

 こんな片斑 無い方がいい?
 日焼けみたい
 突然 豹変してくれないかな


PB020038.jpg
 最後は
 ギムノカリキューム属
 緋牡丹
 袖ヶ浦接ぎ



斑入りは交配したいから、丈夫に育てたくて どうしても 接ぎ木に頼ることになる。
そのうち降ろせばいいだけのことと納得している。
兜丸なんて、大きく育っているのは接ぎ降しのみ。
実生苗は、モグラ叩きのモグラ ポツリポツリと腐って結局残らない。

いい斑は宝石のようで魅力的ですが、斑柄について頭をよぎる句がある。
万丈記の「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶ うたかたは、
かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」
斑柄の移り変わりにも当てはまる句だと思います。
そして、たいてい悪い方に変わっていくから ほどほどに付きあっている。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

素晴らしい

単純な質問です。
斑と錦の違いは何ですか?

Re: 素晴らしい

けんじ さま、おはようございます。

斑入りのことを簡略して錦と呼ぶのです。
例:瑠璃兜の斑入り → 瑠璃兜錦
その方が呼びやすくて格好いい 程度のことです。
あっ 参考までに、瑠璃とは無地(白点が無い)と言う意味だから、
ヘキラン(碧瑠璃鸞鳳玉)は頭痛が痛い になってしまいますね。