FC2ブログ

2、3、4 稜 鸞鳳玉

 
三角ランポー玉を実生すると 稀に2稜に出会える。
2稜をいつまで保てるのか ちょっと気になった。
というのも、2稜の標本球を見たことが無いから。

P7280203.jpg
 キリン団扇接ぎの2稜ヘキラン

 撮影:2017.07.28


P9230030.jpg


P5230134.jpg
 接ぎ降しと同時に
 2、3、4 稜を一鉢にまとめた

 その時の写真が無いが
 もっとはっきり2稜だった

 撮影:2018.05.23


P6160149.jpg
 撮影:2018.06.16


P9210095.jpg
 撮影:2018.09.21

 2稜は完全に4稜に増加した

 どうも三角は頭部が潰れるのが
 多い
 グラグラするので引き抜いて
 みたら キリンが腐っていた
 どおりで小さい訳だ


P9210097.jpg
 2稜ランポー玉と
 頭部が潰れた三角ヘキラン


P9210089.jpg
 キリンから袖ヶ浦に接ぎ替えた
 2稜ランポー玉

 この2体はいつまで 2稜を
 保てるのだろう


次号は 三角鸞鳳玉を題材にして稜数の話を続けます。




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント