FC2ブログ

ドラゴンフルーツで嘆き節炸裂

 
去年 籾殻燻炭を提供してくれるおばさんに 鉢植えを託されたドラゴンフルーツのカット苗。
受け取りに来ないと思ったら、大きくなるまで育てて欲しいとの返事。
実は、何度挑戦しても接ぎ台用の三角柱を育てられない自分に託すなんて無理無理!
とは言えずに しぶしぶ挑戦した結果、予想どおり こうなった。

P8040070.jpg
 私には三角と言う名が付く品種
 を育てられないのです

 託されたのは 根なしの貧弱な
 苗だったから間もなく枯れた

 みっともないのでヤフオクで
 10本ほど束になっていたのを
 落札し 大きめの5本を選抜
 して再挑戦したがこのとおり

 左の実生した三稜柱は高さが
 1mを超えても太らないので
 下から切断したのがまた高く
 なったところ


P8040072.jpg


 見よ! この哀れな姿を

 こんなに立派な株から 笑うし
 かないほど繊細な脇芽

 三角柱と同じ品種であるから
 どうやってもこうなる

 花を咲かせるなんて ましてや
 実を食べるなんて一生かかって
 も無理
 畑で育てても 無理っぽい


P8040079.jpg

 たっぷり肥料も与えたのに

 ♪どうすりゃいいのよ 思案橋 ♪

 そういや 冬場に生長させると
 接ぎ台に使えそうな太い仔が
 出てきたことがあったが
 もう三角柱は見るのもイヤ

 三稜柱は 現存する太いのから
 出た脇芽を使っているが バイ
 ラスの心配があるから そのう
 ち 使わないつもり




P8050113.jpg


 現存の三稜柱は 天井に届いて
 しまった

 手前のも三稜柱です

 ここからは太い脇芽が出るが


P8050116.jpg
 これは下部に蕾が見えますが
 穂木とも病的な姿の2本

 袖ヶ浦に比べて 勝るところが
 見当たらない

 強いて挙げれば塊根になること
 ですが 私には邪魔でしかない


P8050112.jpg
 一方 こちらは三角袖

 くびれが大きいので接げる面積
 が少なくて接ぎにくい
 そのうえ活着率も悪い

 新芽に実生接ぎするのがベスト
 だと思うがそうまでしたくない

 なにしろ刺が痛い


そんな訳で 三角と名が付く接ぎ台用の品種は破棄したいが、絶滅させたくもないので
思いきれない。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます