FC2ブログ

キリン団扇から竜神木へ接ぎ替え

 
元気で比較的太いキリン団扇に接ぎ木して、台木の威力をほぼ100%得られれば標記の
接ぎ替えは不要であるが、実際はそう うまくいかない。

P8020003.jpg 同時期に接いだフェロカクタス
 属ですがこんなに成長差が出て
 しまう

 大きい2個は今秋には接ぎ降ろ
 せるであろうが 残りの2個は
 期待薄だから処分するであろう

 しかし 貴重な穂は何とか残し
 たい


P8020007.jpg



 たいそうな名前の種子を購入し
 去年 9月に播いた 
 豪刺カルメン玉×純黄刺金冠竜

 接ぎ木部分を見ると一目瞭然
 これで満足度 80% といった
 ところ


P8020005.jpg



 同
 濃赤刺刈穂玉

 満足度 5%

 接ぎ直すか 破棄するしかない

 そこで破棄できない貴重な穂を
 実生竜神木に接ぎ直したのが
 下の3個


P8020034.jpg ロホホラ玉 銀冠玉錦

 たくさん実生してきた中でこれ
 ほど濃い斑の出現は初

 片斑っぽいのが難点ですが何と
 しても残したい一心で接いだ

 なにせ 斑が入るのが1割未満
 だから 慎重に 水溶きボンドを
 塗って


P8020036.jpg 糸を外した写真

 どうやら活着しているようだ

 この伸縮糸は極細繊維で作られ
 ていて良く伸びるし 少しの刺
 にも引っ掛けることができる

 伸縮包帯が主流のようですが
 私にはこれしかありえない

 包帯だとボンドを塗れないし


P8020032.jpg
 アストロフィツム属
 白瑞鳳×赤花兜

 さほど貴重ではないのですが
 ついでということで


P8020030.jpg
 亀甲兜もついでに


P8020049.jpg



 じつは 苦労して ドイツの業者
 から取り寄せた竜神木を蒔いた
 のはいいが 接ぎ頃を迎えた
 この台木に接がれる穂がない
 
 100本以上あるというのに


 だったらキリン接ぎで 成長が
 緩慢な穂を接いでいこうという
 わけです


P8020013.jpg


 上の3本に先駆けて
 一本植えの竜神木に接いだ
 フェロ 偉冠竜×金冠竜

 成長を開始してきたところ


もともと、拗れやすいフェロカクタス属をキリン根で育ててみようと試行しているので
竜神木への接ぎ直しは本末転倒ですが、棄てる神あれば 拾う神あり ということで。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 苦しい言い訳すんな



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント