FC2ブログ

小苗用の深鉢を購入してみた


私はもっぱら プレステラ深鉢を愛用しています。
主な寸法は 105角と90角 で 専用トレイに入れて 安定かつ整頓できています。
90角以下の小さい苗は寄せ植えにしていますが、もうすこし小さいサイズの深鉢を見つけたので
注文してみました。

P6240023.jpg
 左側:プレステラ深鉢
 上から105、90
 そして、今回の
 角型スリット深鉢
 EG-75L (0.18L)


P6240024.jpg
 専用トレー (40個入り)
 とセットで

 少し薄い製品ですが
 小さいのでこんなもの
 かな


P6250037.jpg
 トレーが大きいので
 切断してみました








 ラベルの挿し口もある


P6250033.jpgP6250035.jpg


P6250042.jpg
 この寄せ植え鉢だと
 6個は この鉢の対象
 になるかと
(左上の2個は 90向き)




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

またしても失敗、バラ丸群生仕立て


バラ丸を群生株に仕立てようと セッセと接ぎ木しているのですが どうにもうまくいかない。
大きく育ったバラ丸を胴切りして 仔が吹くのを待っていたが、動かない。
この株はあきらめて 原因を探ろうと切断してみた。

P6240016.jpg
 こうして見ると精巧
 殿との交配種?

 問題はこの裏側 

 元気がないはずである


P6240018.jpg 腐りがまんべんなく
 入ってるではないか

 それは台木の袖ヶ浦と
 の接合部からずっと続
 いていた

 胴切りしたときは異常
 がなかったのでその後
 入ったはずである


思い当たるのは
 ・キリン団扇接ぎで大きくした穂を使った
 ・実生の袖ヶ浦を使っていない

実生の台木(竜神木&袖ヶ浦)を使って再挑戦してみよう
穂(バラ丸)は実生で大きくしたのが数個しかないので、キリン接ぎを使うしかない。

下の写真は比較的順調に仕上がっているが成長は遅い気がする。
         袖ヶ浦接ぎ             竜神木接ぎ
P6250043.jpg  P6250044.jpg




今年に入って ある個所から腐りが入ってくる苗が目立ってきた。

P6210002.jpg
 大きい複稜ヘキラン

 容姿が気に入っている

 ところが


P6210004.jpg 一部が変色してきたの
 で爪でえぐってみると
 腐りが Σ( ̄ロ ̄lll) 

 こんなことあまり経験
 したことがない

 コバエが多い気がして
 いるがそれが原因か?

 次の例会(7月9日)で
 問題提起してみよう



今回は 季節がら 梅雨空に似合いの記事でしたので、晴れた風景をご覧ください。
(今春から県道パトロールしている 徳島県南部の海岸線です)

P4190123.jpg




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る



花を かじりやがった犯人は?


私の好きな花 ロビビア属?オブレパンダ
咲いたのはいいが かじられているではないか。

P5240484.jpg 5月24日撮影
 (。´-ω・)ン?

 破れ傘刀舟(古ッ)

 ナメクジの痕跡はない

 もっともこんな先端だ
 け食べられるわけがな
 い

 ゴキブリかな?


P6200101.jpg
 6月20日撮影
 今度はかじられていな
 い


P6200095.jpg
 別の角度からもう一枚

 o(*'▽'*)/☆※☆♪

 ほんと きれいな花


P6200097.jpg



 仔も出てきてる
 が
 傷みを一か所発見

 念のため切除して殺菌
 剤を塗布しておこうか
 な




P6180064.jpg 実生接ぎなどで重宝
 している両刃カミソリ
 (刃厚0.1mm)に柄を
 こんなふうに加工して
 取り付けた
 切れ味ではこれに勝る
 品はあるまい

 医療用メスも試してみ
 たが切れ味はカッター
 ナイフ並みであった


P6180070.jpg
 取り替え出来るよう
 タップでネジ穴を削孔

 ただしアクリル角材の
 切れ目入れは卓上小型
 電動丸鋸が必要かと







にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

枯渇寸前の巨鷲玉を救出せよ


先月の例会で 当会員から 「Sさんに頂いた巨鷲玉モンストが 5年以上動かなくて このとおり枯渇寸前 (;´ρ`) どうにか助けられないものか」 と相談されました。
もう一つ、3年ほど前の競作苗(アロンソイ)も付けて、これもちっとも大きくなっていない代物である。

P6050090.jpg
 巨鷲玉モンスト

 他の会員曰く
 「もう余力が残ってい
  ないのでは?」

 メネデールを50倍に溶
 かして水漬すること約
 10日が過ぎたころ何と
 発根して少し生気が
 戻ってきたではないか
 (水が濁れば入替え)



P6050092.jpg
 発根してから約10日

 根に苔のようなものが
 付着してきたのでこの
 あと土に植え替えた


P6160052.jpg
 水耕栽培からの植え替
 えだから 当初は水を
 切らさないように注意
 しよう



過去に同じような形状の根をした紅鷹を水耕栽培で救った経験がある (当ブログ 2015.7.20 の記事参照) ので 救出できるかも とは思っていた。
v(。・ω・。)ィェィ♪ あとは本来の 赤みを帯びた刺が出てくるのを待とう。




さて、ツルビニカルプス属:アロンソイ であるが こちらは接ぎ木することにしよう。
私が育てた 同じ競作苗と対比してみました。
(これが同一実生とは 信じがたい)

P6160046.jpg ごらんのとおり いつ見
 ても花が咲いている気
 がする

 これも花を楽しみたい
 ので評価後 地植えの極
 太竜神木に接ぎ木した

 この勢いで成長したの
 だからいつも咲いてい
 たのもうなづける


P6160048.jpg
 あれ!
 種らしき粒と房が

 現物を確認したところ
 房が3個
 種は多数飛び散ってい
 た

 そうか 自家受精するの
 か o(^◇^)o


P6160054.jpg
 接合部も問題ないので
 台木を付けて降ろした


P6160055.jpg
 会員のいじけた苗は
 すこし不格好な竜神木
 に接いだが いずれ降ろ
 せば問題ない




 思い出したように咲いた二番花を一つ
P6170061.jpg
 サブマツカナ属
 SP.ラメイン

 行儀が悪い咲き方の属
 かと  (;´ρ`)





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

歩道沿いのプシス開花第二弾


歩道沿いの花サボテンに2回目の群開が訪れました。

P6040065.jpg
 長年うまく育てられな
 かったプシス類もよう
 やく機嫌が良くなって
 きました

 黄花もあるのですが開
 花日がずれています


P6040073.jpg
 反対側から


P6040070.jpg
 その手前にある赤花

 袖の短台付きですが
 調子はいまいち


P6030012.jpg
 上の個体の開花直前



 見頃は1日だけですが、結構満足しています。
 まだ ポツポツではありますが咲きます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

兜丸特集 その3 

今回は斑入りを少し

P5300712.jpg
 薄い斑ですが総散り斑
 かと
 それに赤花系



P1210277.jpg
 (ー`´ー)うーん

 上のもこんなのから
 急変したのですが


P1210325.jpg
 これは期待できそう

 しかも大疣


P1210337.jpg
 ベタ斑になりそう


P9200052.jpg
 昭和亀甲ルリ兜

 不格好な花と思うが
 これがいいらしい


 レレ 特集するほどではなかった  ━∑(´・ω・|||)━



 では、話題をかえよう
 今年退職して暇つぶしに
 カラオケ喫茶荒らしをしてきたぞ \(⌒∀⌒*)/ャッタ☆♪+⌒*。゜☆゜。


P5220452.jpg 3店舗で 全てベスト10
 を塗り替えた

 しかも ほぼ新曲で重複
 する曲が無い

 カラオケバトルに出よ
 うかなマチャアキさん
 
 私バカよねえ
 ~♪(*´○`)o¶~~♪

P5220451.jpg
 この店では12時開店直
 後の客が少ない時間帯
 を選んで挑戦した

 けな気でしょ

 点数が嫌いな客もいる
 ので


 ほかに ゴルフ練習場にも通ったが、腱鞘炎で両手中指がバネ指になってしまった。
 かなり重症です。
 医者が言うには「手術が必要」だと  (ー`´ー) 痛っ

 ところが、5月中旬から仕事が廻ってきて忙しくなった。
 暇を持て余して しかも金欠気味だったので、年金暮らしとはしばしお別れとしよう。

 暇に任せた外出は金がかかるものだと実感、おとなしく絵でも描くしかないのか
 φ(´・ω・`寂)


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

兜丸特集 その2

前回は失敗談だったので、今回は 我がつたない栽培にもかかわらず よく生き残ってくれた兵たちをご覧になってください。

P3030614.jpg
 ミラクル兜?

 我が家ではこれが一番
 美しい


P5300723.jpg
 花園兜

 これが二番目と思うが
 高接ぎで少し徒長気味


P5290662.jpg
 V字スーパー兜


P5210251.jpg
 スーパー兜


P5170018.jpg
 これより赤花3体

 交配したいが案外同時
 に咲いてくれない

 1


P5170019.jpg
 2


P5170021.jpg
 3


P5300702.jpg
 花弁が細い亀甲ルリ兜


P5140549.jpg
 5稜ルリ兜


P4020288.jpg
 ルリ兜×スーパー兜


P3280204.jpg
 スーパー兜


P3030593.jpg
 大疣ルリ兜



実生苗は2本しかなくて 殆んど袖接ぎか同降しです。
現在手元に自家交配の種子がたくさんあるので、今回こそ うまく成長させるぞ (*^ー゚)v

性懲りもなくファイト 《*´0`》




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

兜丸特集 その1


まずは、失敗談から。
今春植え替えた兜丸群の成長が悪くて 次々と消えて行きます。

P5290639.jpg どうしたことか?

 フレームから温室に移
 したのが悪かったのか
 はたまた用土が悪いの
 か 全51個ある
 全滅しそうなので用土
 を変えて植え替えるこ
 とにした


P5290649.jpg
 今回植え替えるのはこ
 れだけ
 (。´-ω・)ン?
 26個しかない
 
 根際からカットして成
 功している名人がいる
 らしいので真似をした
 ところ 発根に失敗した
 経験があるのですが



P5290651.jpg それは時期が悪かった
 と当クラブで教えてく
 れた

 切断可能な個体で再挑
 戦したのが9個

 腐った部分をえぐった
 のが3個


P5290648.jpg
「おまえはもう死んで
 いる」
 のが13個


前回の植え替え用土はセラミック主体であったが、兜丸には赤玉がいいというのは知っていた。
赤玉土は崩れやすいので あまり好きではないが 最近実生用に硬質赤玉土を通販で購入したこともあり、今回はそれ主体で調合することにしてみる。




P5290660.jpg
 こちらもセラミック主
 体用土であるがフレー
 ムの特別席ではこんな
 に元気がいいのに
(化粧砂は鹿沼土)

 残念ながらここに置け
 るのはほんの一にぎり

 こちらが上段で幅20cm


P5290654.jpg
 こちらが下段で幅45cm

 フレーム長は3.80m

 成長は上段ほど良くは
 ない

 ラベルの多肉名は日焼
 けして枯らした名残り


たくさん実生したのですが どういうわけが現在標本球は10本ほどしかない。(少しセリ苗に供出したとはいえ)
しかも袖ヶ浦の下駄履きが主であるから、幼苗のうちは順調に育っていてもポツポツと消えて行く我が家の兜丸。
購入する人がときどき「実生ではなく、短台付きの接ぎ降しはないのですか?」と尋ねるのがよくわかる。
だから、最近のラベルには○○台付きと書くように努めている。




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

キリン団扇の接ぎ降し培地の効用

5月9日の当ブログで水耕栽培用に「農業園芸用・ロックウール培地」を試用してみた記事を書きました。
その特徴が分かってきたので 体験談をすこし。

P5040350.jpg 水分をよく吸収し製品
 全体がスポンジに水を
 含ませた状態になりま
 す
 そのため接地面に腐り
 が入ってしまいました

 球体と離す工夫が必要
 でした
 それに製品にまで根を
 張ってしまいます


P5210211.jpg
 腐った部分をえぐり
 取って1週間ほど乾
 燥し土に戻した

 大丈夫かな?


P5210215.jpg
 これも


P5190085.jpg カビも発生する始末

 ロックウールは直接
 水に触っていないの
 ですが毛細管現象が
 働いたのか?

 これの解決策が思い浮
 かばない

 困ったもんだ



今回の 水耕栽培で発根させてから土に降ろす作戦は 「手間を掛けたほどの効果はなく 実用的でない」 という結論になりそうです。

前出のロックウール、水稲の種蒔にも使われているようなので 試しにサボテンの種を蒔いてみました。


P5290628.jpg 扱いやすさと発芽環境
 は申し分ない

 肥料分がないのでまだ
 カビは発生していませ
 んが養分を与えるとた
 ちまち発生するはずで
 ある


P5290626.jpg ロックウールは水分を
 含むと柔らかくなりカ
 ビが生えたら植え替え
 ればいいのですが私に
 はそのノウハウがない

 1回目の移植で個数が
 半減してしまうのが常
 ですから (´`)=3
 もっとも半分生き残れ
 ばよしとしますが…


P5200123.jpg 実生後半年経過した後
 植え替えたのですが
 このとおり

 置き場所も悪いのです
 が仕方ない

 そして生き残ったのを
 寄せ植えするうちラベ
 ルが余ってきて結局
 (;@3@)何々? と
 なってしまう



上の写真は特に成績が悪いのを載せたのですが、うまくいかないことが多いので 間引きしながら 1年以上 実生用土で過ごしてもらって、肥料は液肥のみ1週間毎に与えています。
苔が生えるとセラミック細粒で覆い隠します。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る