見苦しい

袖接ぎ降しの赤花兜丸が傾いてきたので抜いてみると

P3180055.jpg




P3180059.jpg
 窮屈な形で仔が二つ

 なんちゅうこっちゃ


P3180061.jpg
 スッキリ

 :*☆ありがと☆ 




成績が悪い露地栽培のサボテンたちですが、越冬用にプチプチで覆っていて雑草が伸び放題。
水をやらなくても雑草は育つんですね。

P3180063.jpg
 その覆いを外して


P3180069.jpg
 除草!!スッキリ

 :*☆ありがと☆ 


P3180071.jpg



P3180073.jpg
 除草!!スッキリ

 :*☆ありがと☆ 


この露地植えサボテン、どうにもうまく育ちません。
去年の秋に超荒目の用土に変えたので、今年は水耕栽培なみに水をやってみようと思っています。
雨天以外は 毎朝夕たっぷりと水攻めを試みてみます。
 ヾ(`Д´*)ノ (╬ಠ益ಠ)ゴルァ!!




 さて、出窓フレームのキリン団扇接ぎ降し苗を水耕栽培で試験中の経過報告です。

P3210157.jpg
 思ったほど根は密集し
 てきませんが元気です


P3210161.jpg
 接ぎ穂の銀冠玉 錦?

 実生接ぎ後7ヶ月ですが
 こちらも順調

 この状態で土鉢に戻せ
 ば安心ですがまだまだ
 様子見です


P3210153.jpg
 百均で入手したケース
 を使用した苗も10本程
 育てていますがいずれ
 も順調です

 サボテンは加湿を嫌う
 ものですが水漬けでも
 腐らないのというのは
 雑菌が少ないからなの
 でしょうね

 苔の発生を心配してい
 ましたが10日毎に水を
 替えれば対策は必要な
 い気がしています


P3290218.jpg
 発根するまで10日ほど
 かかりますが今のとこ
 ろ失敗した個体はあり
 ません


P3290222.jpg
 左の個体に唯一斑が確
 認できるがなんとも薄
 い  (´△`)↓

 烏羽玉錦のような派手
 な斑は出ないみたいで
 すね

 どうして高価な値がつ
 くのかわからない





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


スポンサーサイト

花の写真です

最近撮影した花の写真あれこれ

P3070018.jpg
 定番の極太竜神木接ぎ
 赤花精巧殿

 地植えの親木から思い
 切って切り離したので
 想いどおりの構図で撮
 影できました

 バラ丸がこんなに群開
 したら素晴らしいで
 しょうね



P3200139.jpg
 で、バラ丸群生途中株

 スーパーバラ丸で購入
 した群生株のカキ仔で
 すが花色が地味で期待
 はずれ

 購入した株は昇天
 (´Д`;)/ヽァ


P3220171.jpg
 こちらが本来の花色と
 思っているバラ丸

 現在分頭中で群生株に
 なるのが楽しみ


P3200147.jpg
 ロホホラ属
 ヨールダニアナ

 袖ヶ浦接ぎ


P3200143.jpg
 テロカクタス属
 緋冠竜

 刺が邪魔して全開でき
 ない


P3150037.jpg
 ストロンボカクタス属
 皺疣赤花菊水



 現在 蕾が出てきたサボテンが多々あるのでブログの更新が楽でいい。




P3220177.jpg
 刺無団扇接ぎ

 グリーンラウシー?



P3220173.jpg
 赤と緑 揃い接ぎ




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

栽培用土の粒径調整

標記のとおり 栽培用土の粒径を選ぶには、まず調整済のものを購入することになる。

細粒(鹿沼のみ見かけるが、実生用に赤玉も欲しいところである )
小粒(赤玉、鹿沼、日向、軽石)
中粒(同上)
大粒(同上)

では、大小が混入している場合はどうするか。
一般的には ホームセンターで販売されている 篩にかけて調整しますよね。
しかし 私はこの網目の大きさが気に入らない。
どのホームセンターで探しても、3枚セットの網目の場合、その網目は 2mm 6mm 7mm (実測値)
でも 一番欲しいのは 4mm
ネットで検索してみると、細かく販売されているものの その値段には仰天する。
で、作ってみた。

P3140033.jpg
 工作ネット
 スチール亜鉛メッキ
 45cm×1m を切断

 コの字モールで端部処
 理し、整理ケースの底
 を抜いたものにセット


P3140029.jpg
 軽くて使い勝手もいい

 次は 網目3mm を作成
 する予定


P3170049.jpg 化粧土に富士砂を使お
 うと この篩に掛けた
 あと 2mmで越した
(富士砂とか桐生砂は大
 小混在したものしか見
 かけなかった)

 左:富士砂と赤玉小粒

 赤玉小粒より少し小さ
 めでちょうどいい粒径
 である ☆^▽^☆


  種蒔床用に赤玉の粒径 2~3mm が欲しいが、どうやって入手したら良いか分らない。
  (芝の目土用 では細すぎる)


 黄花白壇の変形接ぎ
P3170043.jpg
 細長い黄花白壇の穂を
 縦に切断して団扇に接
 いでみた

 維管束同士が線で合致
 するので成長がいい?

 そして2分割できる

 台木は失敗した紅花団
 扇を再利用


P3170045.jpg
 片方を刺無団扇に

 接ぎ木には成功した感
 じだが成長はどうか観
 察してみよう


P5040905.jpg
 過去の記事に載せた開
 花画像ですが再掲載

 白壇の花より大きい
 こんな花です





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

今月の例会報告


今月は、香川,高知,徳島 各カクタスクラブによる 第48回 合同例会を 昨日 香川で開催しました。
開始時刻は11:00 業者(ニシカクタス)を招いての即売もあり 会場は終日賑やかでした。

参加者 香川:32名 徳島:17名 高知:6名 (開始時点)

処理済~集合写真


        ―-- ミニ品評会 ―--

P3190109.jpg
P3190108.jpg
P3190107.jpg
P3190083.jpg
 1
  斑鳩


P3190085.jpg
 2
  金冠玉


P3190087.jpg
 3
  ローマ蝦


P3190089.jpg
 4
  一位の白竜丸綴化


P3190091.jpg
 5
  これは私の鶴巣丸で
  三位


P3190093.jpg
 6


P3190095.jpg
 7


P3190099.jpg
 8
  二位


P3190101.jpg
 9


P3190103.jpg
 10


P3190105.jpg
 11
  鯱頭


P3190111.jpg
 12
  メガロサウルス黒斑


 
 昼食のあと ニシ氏から国内外の多肉事情の講義をいただきました。
 そして、セリ会へと進行(セリ苗の写真は撮影しませんでした)
 サボテンと多肉の割合は 3:7 といったところ

 閉会は15:30

P3200133.jpg
 購入した苗は

 ギムノカリキューム属
 アチラセンセ

 あちら先生こちら生徒
 と覚えている


P3200135.jpg
 この花は非常に美しい
 ので開花したら絵のモ
 デルになってもらう

 我が家のこれは拗れて
 しまって今年は花が咲
 きそうにない

 最近はそんな目的で購
 入する傾向にある


 【参考】 私が描いたサボテンの水彩画(アクリル絵具)は 10枚あまり販売して
      現在手元にあるのは15枚程です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

キリン団扇接ぎ つづき


先号で載せきれなかったキリン団扇接ぎのあれこれを紹介します。
私がキリン団扇を入手したのは 2013年のヤフオクで 6本の切り取り枝でした。
ですから、キリン栽培経験は4年足らずなので それなりに読んでください。

P3130026.jpg
 カマエセレウス属
 黄花白壇

 白壇より大輪で見事な
 花を咲かせますが この
 ように育てるにはキリ
 ンか紅花団扇接ぎが不
 可欠でしょう



P3130027.jpg
 実は これもキリン接ぎ
 で、 ポロポロと仔が
 外れて扱いにくいのが
 難点ですが花には感動
 します

 見頃は2年目から短期間
 だと思う


P3130018.jpg ロホホラ属
 銀冠玉:キリン接降し

 2回目の植え替え直後

 間もなく膨らんで生気
 が出てきます

 以下の写真は根の様子
 です

 たくさん載せます


P3130016.jpg   P3130008.jpg

 P3130010.jpg P3130020.jpg

P3130022.jpg
 どうですか?
 いい根でしょう

 私は永久台木になると思うのですが 違った見方の
 ブログも見かけました
 本当に試したのでしょうかね?


P3130012.jpg
 最後に 1番成長がいい
 個体です

 ロホホラ属にあまり興
 味がないので分らない
 のですが あのやっかい
 そうなフサフサ毛はい
 つごろ出現してくるん
 だろう (*´д`)??

 誤解のないように補足
 しておきますが私の好
 みは花と刺ですので







にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

久々にキリン団扇接ぎの話です

標記のとおり、久々にキリン団扇接ぎの記事を載せます。
このところキリンの成長が思わしくなく興味が薄れていたのが原因ですが、少ないながらも順調に育った個体です。

P3100032.jpg
 テロカクタス属
 緋冠竜

 うち1本を降ろしました
 (次の写真)


P3100050.jpg 奥が実生、手前が同苗
 を接いだものです

 脅威の成長差ですね

 キリンを5cm残して降
 ろし すぐ植えますが そ
 の後の成長もいいし永
 久台木になります

 実生苗はこのあと植え
 替えました


P3100036.jpg ロホホラ属
 銀冠玉(錦)

 例会で実生1年程度の錦
 を20個ほどいただき全
 てキリンに接ぎました

 これで接ぎ後7ヶ月
 キリンとの相性がいい
 のは分かっていたので
 躊躇なく接ぎました


P3100038.jpg
 仔吹きするケースが多
 いのもうれしい

 今のところ斑が確認で
 きるのは1個のみ

 成長がいいのを載せま
 したが全10個できまし
 た


P3100034.jpg
 テロカクタス属
 リンコネンシス

 右はフェロカクタス属
 カルメン玉 のはず

 いずれも名前は怪しい


P3100058.jpg
 バラ丸は花を楽しむも
 のと思っているので正
 木で育てる気はない

 まずキリンに接いだ後
 袖ヶ浦か竜神木に接ぎ
 直し群生株を目指す

 当初 縦長に育つので
 上下2分割して接げる


P3100056.jpg P3100054.jpg
     上部を接いだもの            下部を逆さ接ぎしたもの



       試験的に水耕栽培に挑戦中のキリン降しが発根した
P3100028.jpg P3100026.jpg

キリンの根は、八方に細長く 疎らに発根するので根詰まりが少ない。
まだ1回(寄せ植えを含め 30鉢程)しか植え替えの経験はないが、永久台木になる雰囲気であるし、成長もいい。
このあと 2回目の植え替えをしたので、その様子を次号で紹介します。




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


ペクチニフェラ錦の花が咲かない


ペクチニフェラ錦、去年の実生は散々な結果になってしまった。
会長の錦に私の錦を預け せっせと不倫してもらって たくさんの種子を得ることができました。
それをまず100粒蒔いて、順調に発芽はしたものの 次々と消滅し、結局全滅。
会長にねだって もう100粒頂き 実生したところ、同じ経過をたどって今回生存しているのは僅か4本。
それも消えるかもしれないと、2本をキリン団扇に接いだ。(写真参照)
過去に接いだ経験から、キリンとの相性が良くないことは分かっているが、何としても生き延びて欲しい一心で。

そして、今年は手持ちのペクチニフェラ錦同士で交配できるかなと期待していたのですが 微妙な雰囲気になってきた。
今のところ、錦に限って花が咲かないのです。


P3030608.jpg
 袖ヶ浦接ぎ苗
 蕾がたくさん出ている


P3030600.jpg
 竜神木接ぎ苗
 これにも蕾がある


P3030612.jpg
 竜神木接ぎ錦の標本球
 蕾の気配なし


P3030604.jpg
 竜神木接ぎ
 錦の2年生
 これにも蕾はない
 1,2枚目の写真と同級生
 なのに

 こうして見ると錦の刺
 は ひ弱いのかな


P3030576.jpg
 キリン接ぎの様子
 接着部が細いので太い
 部分で再切断して接ぎ
 直してみた
 


P3030586.jpg 生き残った実生苗
 うち2本はキリンに接い
 だので正木は向こうの
 2本のみ
 手前のは斑入り?
 (接いだ)

 消滅した残骸が淋しい

 全斑でもないのにどう
 して消えたの?





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

植え替えの手を止めて花の撮影

去年 本格的に植え替えしたので 今年の移植は簡単に済ますことができそうです。

私は 基本的に3年サイクルで植え替えを行うので、赤玉土のような柔らかいものは控えて
日向土,軽石,硬質鹿沼土,バーミキュライトが主体です。
そのため 用土はすぐに乾燥してしまい繁茂に水やりしているのですが それでも乾燥気味で
新根を出さない個体も多くあります (水量はこれでもかと思うほどたっぷりやるのですが)
したがって成長は緩慢ですが 根腐れは少ないと感じています。
言うまでもなく、これが最善だとはまったく思っていなくて移植の度に試行錯誤しています。

P3020542.jpg
 ストロンボカクタス属
 赤花菊水

 真っ赤で派手な花には
 目を奪われます

 別株を含めて まだ多数
 蕾があり楽しみ


P3020562.jpg
 赤花精巧殿
 
 よく登場するのですが
 成長が旺盛でこんなに
 蕾が多いのは接ぎ木の
 威力です

 これで開花第3弾?


P3020536.jpg
 マミラリア属
 たぶん 希望丸
 (ラベル紛失)


P3020568.jpg
 レブチャ属
 プルビノーサ
 
 群開苗を作って知人に
 プレゼントしようと接
 ぐのですがこんな具合
 にうまくいきません
 仔は撤去すべきか?
 単体だと変形するし


P2280524.jpg
 ピンク花に偏ってし
 まったので

 エキノケレウス属
 ダビシー




寄せ植えの 袖ヶ浦接ぎ苗はどうやって移植しようか (。´-ω・)ン?

エエイ 切ってしまえ (*´д`)??

P3050632.jpg
 台の長さは 15~20cm

 空鉢に立てて 日当たり
 がよく高温の場所に置
 き気根が出てから植え
 付けると安心


P3050633.jpg
 切った下部は単体植え
 にして仔を出させるこ
 とに

 実生苗だからもう少し
 頑張ってもらう

 袖ヶ浦は加湿気味がい
 いので用土は赤玉主体

 鉢床には鶏糞を混入た
 ココヤシチップを敷き
 詰めてあり これに根を
 伸ばせば 次の写真のよ
 うに成長旺盛になる


P3050634.jpg
 袖ヶ浦:花袖
 高さは80cm
 勢いがいいのでこのま
 ま放置にして夏ごろに
 切ることにしよう

 蕾が出てきたので初開
 花を楽しもう





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


過保護すぎて失敗&水耕栽培


晩秋 温室で元気がなかったギムノの金碧錦を出窓フレームに移し、実生半年苗と同じ間隔で灌水して加温管理した結果、写真のように回復して順調に成長していた。


P1210341.jpg
 いい斑でお気に入りの
 ひとつ


P2250509.jpg
 調子に乗ってガンガン
 水やりした結果腐って
 しまった
 (´・д・`)バーカ 

 植え替えして温室に戻
 すのが遅れた結果であ
 る





P2190492.jpg
 NHK 趣味の園芸でサボ
 テンの水耕栽培方法を
 放送していた

 効率が悪いので本格的
 に行う気はないが実験
 してみようと思い立っ
 た

 実験台はキリン接ぎの
 銀冠玉で実生後半年苗
 (錦の斑なし)

 容器名はバルブベース
 ¥1,080+送料

 根が出たら液肥を混入
 した水を1週間毎に替え
 るらしい (;´ρ`)


P2280527.jpg
 百均の飾りケースを
 加工してもう一鉢


P3020572.jpg
 結果はどうかな

 どう考えても土のほう
 がよく育つと思うが