前号のつづき


前号に続いて花の写真です。

P2190505.jpg
 マミラリア属
 ラウセリー

 エスコバリア属の様相
 をしているが?


P2180482.jpg
 マミラリア属
 左:鶴の子丸
 右:希望丸

 良く似た花である


P2180476.jpg
 ツルビニカルプス属
 赤花精巧殿 (蕾)

 花は当分楽しめそう

 交配していないのに
 種が入ってるのは昆虫
 の仕業?


P2180468.jpg
 テロカクタス属
 リンコネンシス


P2180486.jpg
 フェロカクタス属
 王冠竜 (蕾)


P2180484.jpg
 別苗

 蕾が中央部にこじんま
 りと集中しているのは
 去年の成長が悪かった
 証しだろうか




 来月の例会は、香川 ,高知,徳島 各カクタスクラブとの合同例会を香川主催にて行います。
 日時:3月19日(第3日曜日) 11:00~16:00ごろ





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

今年の初灌水


2/19日 ポカポカ陽気で温室の中は暑い。

この冬 我が家の睡蓮鉢に氷が張ったのは1回、それも0.5mm厚でした。
もう凍る日は無いはず  (●^▽^)ニコッ

そこで、明日は雨模様らしいが 思いっきり水やりしました。
今週末から暇ができそうなので植え替え作業を予定しています。

花も本格的に咲いてきました。
P2180460.jpg
 エキノホスロカクタス属
 五刺刺?と思っているが
 交配種でしょう

 昔 私はこんなのを全て「縮玉」 と呼んでいた

 花色も姿も違うのをあと
 2株 紹介します


P2180462.jpg



P2180466.jpg



P2180472.jpg
 マミラリア属
 ペレスデラロサエ

 ラベルには豊明丸
 と書いてあったが?
 豊明丸はもっと大味
 だった 


P2180464.jpg
 マミラリア属
 多毛影清


P2180490.jpg
 エキノセレウス属
 ダビシー SB426



P2190501.jpg

 我が温室定番のひとつ
 ツルビニカルプス属
 アロンソイも咲きまし
 た

 秋まで咲き続ける貴重
 な個体
(極太竜神木接ぎ)






にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


2月例会報告


今月の参加者は16名

          ―- 一鉢研究より ---

P2120411.jpg マミラリア属
 花月丸?
 名前を確認してもらう
 ために入手元の会員に
 尋ねたのですが「ラベ
 ルを落としたら分らな
 い 花月丸ではないので
 は?」とのこと

 そして これが唯一のサ
 ボテンで、あとは全て
 多肉だった

P2120413.jpg

P2120419.jpg

P2120421.jpg

P2120429.jpg


        --- 即売苗の一部 ---

P2120431.jpg

P2120434.jpg

P2120438.jpg

P2120440.jpg

P2120444.jpg

P2120452.jpg

P2120454.jpg

 たくさんの即売苗でしたが 全て紹介できないので この辺で
 多肉オンチの私にはコメントのしようがない。

 徳島多肉クラブになってしまった。 (o´Д`)=з
 ヾ(`Д´*)ノ


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


袖ヶ浦の水切りは?

水切りのせいで ルリ兜の接ぎ降し(袖ヶ浦の短台付)が痩せてしまった。
この分だと 生育期に多少元気になったとしても 観賞価値のない個体になってしまうのは明らか。
そこで、出窓フレーム(加温装置付き)に移動して 3日/回 灌水して無理やり成長させてみた。

PC300178.jpg
 撮影:12月30日
 兜によくある 腰折れに
 なってしまった

 これから回復させるの
 は容易ではないいわれ
 ている



P2030389.jpg
 出窓フレームで管理
 
 最低温度18°に設定して
 加温しているフレーム

 実生苗(約半年)と同
 じ 3日に1度のペース
 で灌水

 なんと腰折れが治った
 ではないか


 やはり、袖ヶ浦は水を切るとダメージを受けるみたい。
 もう一つの例

P2030371.jpg ほとんど水を切ってい
 るにもかかわらず中央
 の花袖が成長を続けて
 いる
 不思議に思って観察し
 たところ根が鉢の外側
 に張り巡っているでは
 ないか

 鉢の下はココヤシチッ
 プを敷き詰めてあるの
 で多少湿気はある
 そのせいで成長してい
 るのは明らか


P2030358.jpg 新刺を出し続けている

 【 補足 】
 ココヤシチップを試行
 してみてサボテンには
 向かないと判断したが
 棄てるのはもったいな
 いと敷き詰めた

 荒目、繊維状、粉末を
 混合

 劣化はほとんどしない
 が ムカデには格好の
 住居みたい

 ムカデがダンゴ虫を
 やっつけてくれないか
 と期待している
 うそ、消毒するのが
 おっくうなだけ


 



 今日は月例会です。
 一鉢研究の鉢を見繕って レッツゴー




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


載せる記事に ひと苦労


温室に入ってもあまり変化がなく、写真を撮る気がしないこの時期。
画像が無ければ と サボテンについて記事にするほどの知識も持っていない。
そんな温室から被写体を探して 小さな花ですが撮ってみました。

P2030354.jpg
 マミラリア属
 花月丸 かな?


P1140234.jpg
 鶴の子

 丈夫だが大きくならな
 い

 少し株分けをしたが
 もう40年位経っている
 かな


P1210303.jpg
 多毛ブカレリエンシス


P2030356.jpg
エキノホスロカクタス属
 五刺玉 かな?

 この属は交配雑種が多
 い
 特に「縮玉」は混乱し
 ている


P2030362.jpg
 よく登場する バラ丸

 接ぐと花良し姿良し


P2030383.jpg
 長刺バラ丸?

 この個体の花は地味


P2030387.jpg
 ネオポルテリア属
 SP







にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

斑入り各種:続々編


紹介もれの斑入りです。

P1210315.jpg
 ヘキラン全斑

 ここまで派手だと棄て
 難い


P2030375.jpg
 コリファンタ属
 象牙丸錦

 ベタ斑になりそう


P2030373.jpg

 ハマトカクタス属
 黄刺大虹錦

 一番のお気に入りだが
 見頃を過ぎたかな

 開花すれば絵のモデル
 として最高
 すでに4枚描いた


P2030366.jpg
 フェロカクタス属
 日の出丸錦 袖接ぎ

 そろそろ台を付けて降
 ろす予定


 胴切りした獅子王丸錦のその後
P1180255.jpg
 1月18日 胴切り


P2030395.jpg
 そして現在

 こんなに凹む

 仔を吹いてくれるだろ
 うか




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る