ど根性キリン団扇


露地でフレーム基礎とレンガ風のブロック敷きに挟まれ ほとんど土がない環境にもかかわらず、ど根性ぶりを見せている廃棄キリン。
台木として養成中の出窓フレームの本種はこんなに元気ではない。

PA250127.jpg
 雑草と間違えて家族が
 触るとたいへんなこと
 になると気をもんでい
 るが 元気がいいので
 もうすこし成長させて
 から挿し木してフレー
 ムに戻そう


PA250121.jpg
 この時期に春のような
 成長をしている花袖を
 見つけた

 下の方に蕾らしきもの
 があるが未だ花を見て
 いない


PA250129.jpg
 今からこの蕾が膨らん
 でくることはないであ
 ろう


PA250124.jpg
 袖ヶ浦だとこんなふう
 に上には伸びないで
 太るだけ

 こうして見ると違いも
 よくわかる


PA200102.jpg
 キリン接ぎのペクチニ
 フェラ錦のその後
 
 成功しているように見
 えるがキリンとの相性
 が悪かったのを思い出
 した
 たぶん成長しないだろ
 うな






にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

意外に腐りやすいヘキランの袖接ぎ降し苗


この亀甲ヘキランの成長を期待していたのですが、腐ってしまいました。
袖ヶ浦自体は元気でもヘキランの下部から腐りが入ることがよくあり、むしろ気難しい兜より多い気がします。
気持ち悪い画像ですが参考までにアップします。

PA250107.jpg
 袖台だからと 灌水は
 2日/回と多めです

 台付きと分かるよう
 ラベルを挿してある


PA250109.jpg
 袖は元気なので灌水が
 多すぎたのが原因とは
 思いたくない


PA250111.jpg
 頭からの灌水が原因で
 腰水にすれば良かった
 のかな

 しかしそんな面倒な
 ことはできない

 私の実生だから接ぎ穂
 には困らないので来春
 に再度接いでみよう 
 ゛(`ヘ´#) ムッキー


PA250118.jpg
 気分直しに花を写した

 アリオカルプス属
 ゴジラ





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

刺無し短毛丸を接ぎ台に


(とりあえず 大豪丸,王冠短毛丸等を刺無短毛丸と呼ぶことにします)
表題のとおり、この種が台木に使えれば刺が無いので扱いやすいのではないかと思っていました。
しかし、以下のように これ自体が育たなくて諦めかけていたところ、大豪丸は活着率がいいので台木に使っている という記事を目にしました。

これまでの栽培結果(栽培ベタ記録)
PA120019.jpg
 右側の王冠短毛丸
 購入したのは4年前です

 大豪丸で購入した
 左側のも同じ時期かと


PA120029.jpg

 名前はラベル参照
 大きな花を2輪咲かせる
 までは元気だったのに
 急に衰退してしまった

 


PA120015.jpg
 根の状態はいいのに
 灌水が辛かったのかな

 触ると下側に刺が少し
 あるが上の2つは全く
 無い



 いずれもあまり成長は芳しくないし、仔も出ない(台木には不向きと思っているところ)
 それにしても、これらは同じに見えるが異品種なのだろうか。

 こういうことがあるから、かねてより私は 美花を求めた園芸雑種のプシスに品種ラベルは
 必要なの?
 ラッパ咲き,八重咲き、花色も 純白,桃,橙,黄,赤と 花が咲かなければ見分けられないので
 花サボとして見た場合、こんな花色と書けばでいいのでは?と言ってきた。

 ここにきて 短毛丸より大豪丸のほうが活着率がいい となると話は別ですが それをどうやって
 確保する?
 とりあえず手元の3株で交配してみようか。そして種が採取できれば刺無短毛丸と呼ぼう。

 それからプシスは温室より露地のほうがよく育つと聞いたことがあり、そう実感しているので
 接いだ場合はどちらに置く? (疑問多過ぎ)


 
恥ずかしながら 我が家のプシス接ぎ (仔もはずさない手抜き管理状態)

PA200097.jpg
 レブチャ属


PA200095.jpg


PA200093.jpg
 消滅寸前になったので
 接ぎ木して救済した


PA200101.jpg
 露地のレブチャ属


PA200089.jpg
 実生だと花が咲きそう
 もない
 メディオロビビア属
 ハーゲイ


PA200099.jpg 接ぎ台に仕立てていた
 が接ぎ時を逸してしま
 い 再度成長点付近を
 水平切りしようか

 できれば台木が土に隠
 れるくらい小さいうち
 に接ぐべきですね


 孔雀サボテンやシャコ葉サバテンのように農家の庭先で元気に育っている短毛丸とか長盛丸
 の群生を見かけますが、作ってみると意外に難しいこの輩
 最近やっとコツみたいなものを掴んだ気がしますが、未だ他言できるほど自信はない。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

今月の例会報告

今月の例会は、香川 高知 徳島 各カクタスクラブによる合同例会を 徳島で行いました。

参加者の内訳は、香川20名 高知 7名 徳島 21名 会員外 数名 でした。
冒頭 各クラブからの近況報告では 本日の徳島新聞に 会員のお孫さんが 予選を勝ち抜き、NPO法人の何とかイメージソングの歌手に決定した記事が大きく載っていることや、私が描いたサボテンの絵(18枚持参)を紹介してくれました。

質疑応答では、「カイガラムシの除去に効果的な方法はないですか」「多肉が黒ずむのは何が原因ですか」に対していろいろな意見や回答がありました。
「元気な苗に育てるにはどうしたら…」とつぶやく私

徳島名産のスダチを全員に配ってのお楽しみ抽選会 のあと 各会員が展示した苗の品評会へと進行

【私は、会計用具一式、即売苗、絵画を狭い車に積み込むのに気をとられ、品評苗とカメラを忘れて 以下の写真は借り物のカメラで撮影した画像をメールで送信してもらったものです】

          --- 品評会---

 入賞は3位まで
DSC01910.jpg



DSC01900.jpg



DSC01901.jpg



DSC01902.jpg
  1位



DSC01903.jpg



DSC01904.jpg
 2位


DSC01905.jpg
 三角白ランから出現


DSC01906.jpg
 3位

 約30年作り込んだそう
 です

 入賞がすべて多肉でな
 くて良かった


DSC01907.jpg
 でかい


DSC01908.jpg



DSC01909.jpg
 新種とのこと

 私のカメラだと焦点合
 成機能を使うのでこの
 ようなピンボケは皆無
 だったのに! 残念


          --- 即売会---
 即売苗持参者は14名 o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆ありがと☆

処理済~DSC01916
最前列の若い美人に甘いセリ人、ぼやくお年寄り ヾ(`Д´*)ノ

DSC01876.jpg
 即売苗の一部


DSC01877.jpg


DSC01878.jpg
 運搬中にひっくり返し
 てしまったらしい


DSC01881.jpg


DSC01884.jpg


DSC01885.jpg


DSC01891.jpg


DSC01882.jpg



DSC01886.jpg
 以下は私の苗

 
DSC01894.jpg



DSC01890.jpg
 植え替えると置く場所
 がなくなるのでパット
 のまま



セリには4時間余りを要し、競り苗はほぼ完売でした。
会計を担当している私と 補佐していただいた会員外のおばちゃんが顔を見合わせ 「疲れた」 と一言 (;´ρ`)
私には このあと清算が |・ω・`)
声を枯らしたセリ人、また香川,高知から遠路参加してくださった関係者のみなさん、ご苦労様でした。
おかげさまで無事 盛大に合同例会を行うことができました。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

宝石みたいな大鳳玉錦の発芽


今年の実生の成績がいまいちだったのは暑すぎたせいなのかな?
冬季は暇で十分な管理ができるため、今頃から播いた方が成績がいい気がする。


斑入り種の発芽(12日撮影)
PA120048.jpg
 錦を蒔いても全斑とか
 斑が入らないのがほと
 んどであったが
 これは期待できそう


PA120054.jpg
 おいしそう


PA120051.jpg
 ギムノカリキューム属
 錦を蒔いたが こちらは
 入ってないかも



 またまた咲いた ツルビニカルプス属 アロンソイ
PA130070.jpg
 極太竜神木接ぎ

 今年もう何回咲いたこ
 とだろう
 花が少ない今頃は
 温室に入ると目立つの
 でついシャッターを切
 ってしまう


PA130059.jpg
 出窓フレームでモヤシ
 みたいになってしまっ
 た実生バーバンク団扇
 (輸入種子)
 露地に移動したが本来
 の姿になるだろうか

 這ってたのを支柱で起
 こした







にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


前号の続き


さて、いやな気がする5稜ルリ兜を抜いてみました。
やっぱり (´Д`;)/ヽァ

PA100220.jpg
 実生苗です

 全斑みたいに黄変して
 います


PA100222.jpg
 大疣タイプの良品
(と思う)


PA100226.jpg
 根元から切断

 やっぱり腐りが入って
 る
 (o゜ー゜o)??



PA100230.jpg
 これ以上切れないとこ
 ろまで切ったがまだ
 腐った芯が残ってる

 接ぎ木も無理と諦めて
 ポイ (。´-д-)

 取り立てて記事にする
 までもないくらいの出
 来事でした


元気がない苗を再生させるのは たいてい徒労におわります。
が、思いきれずに悩んでしまう小心者の私が つらいのー。

つらいついでに こんなのも
PA100195.jpg 三角柱接ぎのある苗、
 穂が腐ってしまい台木
 を確保したくて残して
 ます
 この台木、赤玉土とは
 相性がよくないと聞き
 かじっていたので、望
 むところとばかりに
 セラミックと発酵バー
 クをブレンドして。

 この作業 過去に何回も
 挑戦していたのを思い
 出しました
 接ぎ台に育てられない
 私の腕前を

 つぎは鶏糞に植えたろ
 か ╬ಠ益ಠ)ゴルァ!!



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

植え替え作業 その3

お詫び
12日に予約投稿する予定の記事を 11日に作成中 予約設定をする前に誤って投稿してしまいました。
すぐに予約投稿に切り替えたて作成を終えたのですが 中身のない記事が投稿されてしまっていて これを取り消す方法がわかりません。
(その記事を取り消してから新たに作成すればよかったみたい)


植え替え作業も概ね完了して一段落、週末の合同例会に出品するセリ苗も確保できました。
植え替え時は根の状態が確認できるチャンスなのでカメラを身近に置いて作業をしています。
そこで ふと目に留まったものとかを撮ってみました。

PA080159.jpg
 ロホホラ属
 ヨールダニアナ赤花
 袖接ぎ

 今まで興味なかった属
 につき
 こんな花が咲いたぞー
 くらいしかコメントで
 きない
 (8月に淡路で入手)
 



前々回に続いて キリン接ぎと実生苗の成長差

PA100180.jpg フェロカクタス属
 日の出丸

 キリン接ぎに実生抜き
 苗を近付けて撮影

 実生は3頭立×1
 2頭立×3 単頭×1

 こんなに多く群生にな
 るのは珍しいのでは?


PA100216.jpg キリンの根は疎にして
 細長い(植替えは楽)

 銀冠玉同様
 これで実生後丸2年

 キリン接ぎは降ろして
 からの方が成長が早い
 気がする
(ここから先は未経験)



PA100238.jpg
 エキノカクタス属
 白刺翠平丸


PA100210.jpg
 上の苗はこの寄せ植え
 平鉢から抜いた
(キリン接ぎが混入)

 ン? 左の5稜ルリ兜
 斑入りでもないのに変
 な色

 イヤな気がする

 結果は次号に掲載




今月の月例会は、香川、高知、徳島の 3カクタスクラブによる合同例会です。
一般の方も歓迎いたしますので、ぜひ参加してみてください。
             記
開催日時:10月16日(第3日曜日) 11:00 ~ 16:00
開催場所:徳島市勝占中央公民館(コミニュティーセンター)1F
予定内容:各クラブの近況報告及び提案と課題など
     会員自慢苗の展示:品評会
     昼食
     会員が持ち寄った苗のセリ会
    
参 加 費:¥無料 (昼食代金のみ)
連 絡 先:徳島会長 米沢伸一 携帯 090-1324-1676



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

ペクチニフェラ錦の実生が全滅寸前


たびたび記事にしている標記の種子は、私の錦を会長に預けて錦同士で交配してもらい採取したものです。
戻ってからもどんどん種子鞘がでてきて たくさんの種子を確保でき、全て播いたのですが写真のとおりほぼ全滅状態です。
正直に会長に報告したところ「まだ蒔いていない種子が残っているから差し上げます」とのこと、 o(^∇^)oワーイ♪ラッキー

PA080165.jpg
 100個以上あったのに

 ベンレートで殺菌もし
 たのになんてこっちゃ

 右下のは錦かな


PA080167.jpg
 1個だけキリンに接げそ
 うな個体があったので
 接いでみました

 接ぎ後4日目
 成功してるかは不明


PA080171.jpg
 頂きものの種子が発芽

 ざっと70個あるが今の
 ところ順調


P8230200.jpg
 これが親木(再登場)

 現在はこれよりもう少
 し元気がでている





来週の日曜日(16日)は 香川、高知との合同例会が徳島であります。
次号にて詳しく案内いたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

植え替え開始 その2


今年の秋の植え替えは悪天候にも悩まされてはかどりません。
例年なら9月中旬に終えているのですが (;´ρ`)

平鉢に寄せ植えしている個体の中で ひときわ大きく育っているのがあり 抜いてみる とキリン降しが混ざっていました。
キリン降しを植えた平鉢に収まらなかったので 実生苗の隙間に挿したものでした。

そこで、キリン団扇降しの根を特集してみました。

P9240076.jpg
 キリンの根は粗くて長
 いので植え替えは楽

 チョキチョキ ブス!

 永久台木になりそうな
 気もしますがここから
 先は未経験


P9240074.jpg



P9240070.jpg



P9240078.jpg



PA020120.jpg
 バラ丸はキリンと自根
 が半々で 成長が早い 

 この形が目指すところ
 で たとえ台木が消えて
 も永久台木と呼べるの
 ではなかろうか
 

PA020126.jpg
 上の右端をアップ

 この分だと花も期待で
 きそう
 o(*^▽^*)o~♪



ロホホラ属は成長旺盛で いちはやく単体植えになっている。
現時点での成長差を以下に紹介します。

この属 頭からの灌水は厳禁と聞いて何の興味もなかったのですが 最近の銀冠玉錦の高値はどういう訳だろうと思って種をまいてみました (錦は入手できなかった)


PA050128.jpg
 実生したのは
 H26.10月 です
(植え替え直後)



PA050130.jpg
 こちらは 同8月

 同じ苗を1年キリンに
 接いだ後 降ろしたもの
 が下の写真です


PA050136.jpg
 この種はキリンが食い
 込むので自根は出ない
 ものと思われるが台木
 が弱る気配もない

 2年でこの大きさ
 実生だと何年かかる?

 こうして見ると
 刺無海王丸艶消しタイ
 プと言いたくなる


PA050138.jpg 
 


花は綺麗なのですが 烏羽玉錦に比べて斑は薄いし (*´д`)??
最近 銀冠錦を20個程キリンに接いで10個成功し、現在急成長中。
提供していただいた会長に 「なんで高価なの?」 と聞くも 「わからん」 とかわされてしまいました。





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

植え替え開始 その1

私の場合、秋の植え替えは主に窮屈になった寄せ植え苗のみ行います。
大きくなった個体を単体植えに格上げするのも楽しみながら。
それに、今春はセラミック用土を試用したので その根の調子も見てみます。

P9200019.jpg
 これはフレームの特等
 席に置いてあったので
 好成績です

 セラミック用土を試用
 したのですがこの場所
 なら用土は問わなかっ
 たことと思います



P9200023.jpg
 上の写真左側アップ
 鉢が変形しています

 根張りも良好でした


P9200057.jpg
 こちらは温室に置いて
 あったものですが根張
 りは少なめです

 プレステラ深鉢植え

 保水力が弱く乾燥気味
 になっていました


処理済~縮小-P9220062
 これもプレステラ深鉢
 植えですが鉢が変形す
 るほど窮屈になってい
 ます




P9260098.jpg
 寄せ植えで灌水多めに
 管理していた平鉢植え


P9260100.jpg
 根張りは普通


PA010102.jpg
 同上の管理ですが根張
 りが悪い隣りの平鉢



こうしてみるとセラミック用土はその特徴を把握しないと 値段が高い割に生育は星二つというところか?
かといって赤玉を混合すれば再使用できないので、来春の植え替えにはセラミック(再利用)に 日向土と硬質鹿沼土を混合してみようか。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る