狂い咲き?

 バラ丸が咲いていました (群生株に仕立てようと極太竜神木に接いでいます)
バラ丸4

バラ丸1

 顕微鏡モードで撮影 (このあと花粉を冷凍保存しました)
バラ丸2

 カプセルにシリカゲルを入れて保存
カプセル

透明袋

 別の個体 群生仕立て中 これにも蕾が2個 (袖短台付で露地栽培)
PA240225.jpg

 冷凍保存プシスで交配結実した三角袖  プシスの花粉採種:8/27日 交配:9/7日頃
PA240213.jpg
 落下しなかったので種は入っていると思うが、いつ頃採種できるかな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

露地栽培苗を冬支度

私の住居は海岸に近く、四国の東端に位置しています。
調べてみると 2015年の冬日は2日でした。(今年は意外に少なかったようです)
山間部のような放射冷却はないのですが、数日ある氷点下に備えフレームを作りました。

縮小:ポリカ切断加工2  以前紹介した「デュアルソー
 卓上ノコ」の出番です。



縮小:ポリカフレーム1 簡易フレーム:冬季のみ

 支柱はHCで半円加工品を3対
 平板はポリカ中空t=3mmを2枚
 曲げ取付けの為 3mmが限度
 UVカットしかなかったのですが
 おかげで日焼けの心配は不要
 *☆*ォ前バヵ??*☆*
 端部は過去の端材を流用

 タップでネジ切りして止めました
 非常に頑丈に仕上がりました


縮小:ポリカフレーム2
 寸法
 長さ1.8m×幅1.1m×高さ0.8m

 少し入りきりなかった個体は
 温室の通路にでも移動します。 



縮小:ポリカフレーム内部
 内部:露地栽培できる
    丈夫な種類ばかり


1.試行用土が合わなかった?元気の無い鬼面角5本と実生3年生袖ヶ浦70本
  刺なし団扇などの接ぎ台(用土を替えた直後)
2.花色とりどりのプシス100個
3.実生8年でいまだ開花しない砂漠のバラ3本、同じく花色の変わった実生1年生10本
4.唯一順調に育っている極太竜神木10本

露地栽培なので温室のようには育たないが、温室には入りきらない。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

徳島、香川、高知各カクタスクラブ合同例会報告

昨日の 合同例会の様子 (10/18) 11:00~16:00

 開始直前  参加人数 徳島:17  香川:25  高知:15 の 60人弱

処理済~縮小:開始前
  --- スイングパノラマモードで撮影 ---

 品評苗:全14点
品評苗

        NO.1                  NO.2
NO_1.jpgNO_2.jpg

        NO.3          NO.4  第1位(同数) 万象:讃岐富士
NO_3.jpgNO_4.jpg

        NO.5                  NO.6
NO_5.jpgNO_6.jpg

        NO.7            NO.8  第1位(同数) 黒王丸
NO_7.jpgNO_8.jpg

        NO.9                  NO.10
NO_9.jpgNO_10.jpg

        NO.11                 NO.12
NO_11.jpgNO_12.jpg

   NO.13 第3位  烈刺玉(偉冠玉)          NO.14
NO_13.jpgNO_14.jpg

 1位~3位 入賞者の方に 入手状況、栽培法等のうんちくを語っていただきました。


              ------- ここで昼食 -------

 午後のセリ会の様子
処理済~縮小:セリ状況


 セリ苗の一部
セリ苗2セリ苗4

セリ苗7セリ苗8

セリ苗9セリ苗10

セリ苗12セリ苗13
 玉扇、万象とかは新聞紙に包まれていて撮影できず (o゜ー゜o)??

 予想を上回る15人もの方々がセリ苗を持参してくれました。
 終了時間を気にしながら競り、最後にはバナナの叩き売りみたいになってしまいました。
 従って、超お買い得の品々が多数できましたが、徳島の会長の苗なのでまあいいか o(^-^)o

 次回の合同例会は、来年の3月第3日曜日に香川で行います。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る









サボテンの絵 第2弾

写真をベースに自動絵画ソフトで描いてみました

 黄刺大虹錦
黄刺大虹2

  ペクチニフェラ錦  いいかも
ペクチ錦2

 金碧錦  写真まる出し
金碧錦2

 鸞鳳玉  なかなかいいのでは
ランポー

 オブレパンダの花
オブレパンダの花

 玉扇  多肉は描画に不向きかも?
玉扇

 新天地錦
新天地錦

 大鵬玉  こういうのを描きたい
大鳳玉

 油絵、水彩、チョーク、色鉛筆といろいろな条件で描いてみました。
 最後の大鳳玉が気に入ってます。
 こんなのが数分で出来上がるなんて、手描きする気力が失われそうです。
 でも、目的が暇つぶしとボケ防止なので頑張って描こうと思っています。



今月は、徳島・香川カクタスクラブの合同例会が徳島で開催されます。
高知カクタスクラブもオープン参加してくれますので、きっとセリ苗も多いだろうと期待しております。
一般の方も歓迎いたしますので、ぜひ参加してみてください。
開催日時:10月18日(第3日曜日) 11:00 ~ 16:00
開催場所:勝占中部公民館(コミニュティーセンター)


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

サボテンには不向きなココヤシチップ

この春、袖ヶ浦他の露地栽培にココヤシチップを試用してみました。

ココヤシチップ
 写真のココヤシチップを
 鉢底に100%
 用土にはPH調整として鹿沼土を半分
 混入してみました。
 
 理由は、
 1. 安価:赤玉土の半額程度
   ¥2,685+送料1,020/200L
 2. 形崩れしない
 3. 花木で好結果のクチコミ
 4. いけるかも と直感した


ココヤシ
 上の製品よりクラッシュが少なく
 写っているが同じ製品でした



試用した結果報告

袖ヶ浦A
 現在の様子
 3月に植えたまま新根も
 出ていない露地植えの
 袖ヶ浦

 フレーム植えも同様


三角袖AJPG
 同じく 三角袖


露地上プシス
 同じく プシス
 歩道沿いの露地植え

 来春に群開させようと
 期待していたのだが
 (´△`)↓
 こちら
 プシスにはもったい
 ないがメネデールと
 万田酵素をあげて 
 もう1年様子を見よう



袖ヶ浦植替A
 やむなく、通常の
 用土に植え替えた
 袖ヶ浦

 これで機嫌を直して
 くれるかな?

 三角袖は廃棄します


もともと袖ヶ浦、竜神木など接ぎ台の栽培は苦手です。
三角柱などは細長く伸びて接ぎ台に育ちません。
サボテンを50年も栽培しているのに、情けない。
小さな1個植えポットでパンパンに太った台木を見ると羨ましい限りです。
会長のハウスではパンパンに太っていますが、田んぼの土に地植えですから参考になりません。

このチップ単体と発酵鶏糞を少々混ぜてアマリリスを植えてみましたが、こちらは
順調に育ち 大きな花を咲かせてくれました (;@3@)何々?ヮヵンナィ?
あくまでサボテンには向かないという試用結果です。



 もう一つの試用品「発酵バーク」
発酵バーク
 洋蘭では定評のある製品ですが、
 こちらはそれなりに成長したものの
 値段に見合う程の違いはなかった。

 参考:¥5,570+送料780/40L


落花生
 これは、落花生の殻を腐葉土にした
 「酵養土」という新素材です。
 硬くて粒度が揃っていて清潔です。
 ¥3,434+送料600/150L
 1割程度しか混入しないうえ、目的も
 曖昧で評価はできません。 


 基本に立ち返り、安くて簡単に手に入る赤玉土と鹿沼土及び軽石主体にしろと言う事か?
 泥土化する赤玉土がキライで、基本 植え替え3年周期の用土を作出したいのですが難しい。
 いま、セラミック製品を試行しているのですが、高価すぎる(安く製造できないものか)
 イソライト、カガライト、セラミスグラニュー、ハイドロボール・・・ どれも高い

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

サボテンの油絵を描いてみました


間もなく年金生活の仲間入りをするので、カラオケの合間に絵を描いてみようと思っています。
対象物はもちろんサボテンです。 ~♪(*´○`)o¶~~♪

下の絵は15年ほど前に描いて部屋に飾ってあるものです。
絵を描くのは好きなのですが、ご覧のとおり写真のような絵しか描けません。
(ここでは実物どおりに表現できず、かなり彩度が薄れています→言い訳するな!)

縮小:油絵:黄刺大虹A

縮小:油絵:亀甲紅葉ヘキランA

 乾燥させては上塗りして仕上げていくので 複数枚同時に手掛けないと 手持ち無沙汰になる。
 従って、他にもあるが見せられる程ではない。


 写真をPCで絵画に自動仕上げ
タッチを活かした奇抜な絵とか、ボタニカルアートにも挑戦したいのですが、とりあえず画像やイラストを元に水彩画や油彩をソフトウェア自ら描いていく「自動ペインティングソフト: Painter Essentials 4」を使って、20分程度で仕上げた(待つだけ)ものを以下に紹介します。

  厚塗り油絵:亀甲ヘキラン
縮小:油絵:ヘキランc

 ソフト油絵:亀甲ヘキラン
縮小:油絵:ヘキラン

  水彩:亀甲ヘキラン
水彩:ヘキラン

 荒削り油絵:大鳳玉
油絵:大鳳玉

 繊細油絵:ルリ兜錦と花
縮小:油絵:ルリ兜錦
 油絵:海王丸
海王丸ペイント

プリンター出力すれば紙質を選んで綺麗に印刷できるのですが、ブログに載せる正規な方法を知らないので、フリーソフト「WinShot」で画面コピーし ワードに貼り付け 画像として保存しました。
その上、解像度を縮小してアップロードしていることを差し引いてご覧ください。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

ポリカ透明板の切断治具作成

フレームに使用するポリカーボネート等を切断する治具を作りました

サボテンとは直接関係のない話ですが

テレビショッピングで放送している「デュアルソー」という切断機をご存じですか。
2枚の切断ノコ刃が互いに逆方向に回転して、ハサミのように切断する機械です。
車を真っ二つに切断する映像を見て、衝動買いをしました。
さっそく 厚さ3mm程度のアルミ板を切断してみましたが、切断面はピカピカで衝撃もなく 切れ味は申し分ないのですが、米国人にはどうか分りませんが、私には使い勝手は最悪です。(押して挽くノコギリのように)
1. スライドスイッチは押し続けてON (離せばOFFに移動してしまう)
2. 切断面が本体に隠れて見えない(左利きならOK? いかにも外国製らしい)
3. 安全装置が非常に邪魔
この3点が致命的でした。(あくまで私個人の使用感です)
そんなわけで倉庫に眠ってしまいました。

ところで、いままではフレームに使用するポリカ透明平板(T5mm)をテーブルソーで切断していたのですが、ノコ目が密な回転刃でないと危険なうえ稀にポリカが割れてしまいます。
これより薄いポリカとかアクリル板だとなおさらです。
純正品はノコ目が密な刃だったのですが、切れ味が悪くなってきたので購入しようとネットショッピング等で探したのですが見当たりません。
(10年程前に購入したので純正品の取り寄せは困難)
仕方なくノコ目が粗いのを購入して使ってみると予想どおり頻繁に割れてしまいます。
アクリル板なら なおさら使えないのは明らかです。
逆方向から切断すると、切り口はきれいで破損もないのですが、ポリカ本体がすごい勢いで飛ん
でしまったことがあってから怖くなりました。

そこで、前出のデュアルソーが使えないか本体を見回してみて
よし!! これをテーブルソーに仕立てよう → 結果 治具作りは大成功 \(^ ^)/
ですが、いい子は真似をしないようにね (´・ω・`)

以下画像で説明します

縮小:全体D
 治具完成

 HCで3段ラックを購入
 
 1mmの白アクリル板に
 方眼を貼り付け両面テ
 ープで仮止め
 (ラベル用板を流用)

 さらに2mmの透明ポリ
 カでサンドイッチして
 両面テープで仮止め

 これを一気にデュアル
 ソー(DS)で切断

 DSをラックに取付け
 方眼の位置合わせ後
 本固定して完成


縮小:取付けD
 DSの安全装置を取外し、スイッチ
 をON 位置でネジ固定
 ON OFFはコンセント側で対応

 左右にあるハンドル取付け用のネジ穴
 (径8M)に L型金属板2枚で固定
 ネジ穴はクリアランスが最少になる
 位置に卓上ボール盤で慎重に開けた


縮小:取付けF
 アクリル等を外して、ラックの天板
 だけにネジで固定
 アクリル板には大きめの穴をあけて
 再度仮止め


縮小:寸法測定方眼
 方眼紙の位置を微調整して
 切断寸法ガイドにする
 
 1mmの誤差もなく固定できた 
 
 この方眼紙はポリエステルシート
 で、もちろん耐水(製図CADが無
 い時代に使用していたもの)


縮小:切断寸法B
 アルミL型鋼とクリップで切断寸法
 を決めて準備 OK

 安全カバーも考案済みだが 素人
 が作れば逆効果かも (*´д`)??


縮小:切断A
 こんなに薄いポリカ
 中空板でも スパッ

 アルミの切断はバリ
 もできないできれいに
 スパッ

 慣れれば切断面はテ
 ーブルソーよりきれい


 2階のベランダで作業すれば 切り屑を水で流しておしまいだが、収納は?
 (家内に怒られるまで、とりあえず廊下の片隅に)

なにしろ 金属、木材、アクリル、波板 何でも来いですから、フレームとか温室を作るときには重宝すると確信してます。
しかし、もう作ってしまったので手遅れ。



今月は、徳島・香川カクタスクラブの合同例会が徳島で開催されます。
高知カクタスクラブもオープン参加してくれ、きっとセリ苗も多いだろうと期待しております。
一般の方も歓迎いたしますので、ぜひ参加してみてください。
開催日時:10月18日(第3日曜日) 11:00 ~ 16:00
開催場所:勝占中部公民館(コミニュティーセンター)


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る