獅子王丸錦を胴切り再生?

実生した獅子王丸錦を選抜して2個体残しています。
極上斑と思っていたのですが、片方が見る影もなくなってきました。
そこで、胴切りして仔吹きさせることにしました。
もう片方の獅子王丸錦Bはこちら
獅子王丸錦A
 袖の短台付で成長は旺盛ですが
 徒長はするし斑はボケてくるし
 全斑になりそうだし (;´ρ`)


獅子王丸錦B

獅子王丸錦C
 ええい、胴切りだ !!
  (すぐ切りたがる)

 乾燥により凹んでくるから
 これぐらいの形に切る

 切断面に殺菌剤(ベンレート)
 を筆で塗布→重要

 あとは仔吹き待ち
 (仔をご期待)





 出窓のキリン接ぎを更新しようと29個(1/4程度)接ぎ降ろしました。
 (成長が悪いのも含めて)

キリン降し

セラミスグラニュー
 前回、接ぎ降ろしに初めて失敗しました。
 今まで(経験は少ない)超簡単に降ろせたので
 油断しました。
 今回、用土に清潔な ドイツ生まれのセラミック製
 「セラミスグラニュー」を使ってみました。
 左ので¥5,000(税,送込)と高価ですが、再利用
 できるので結果が良ければ使っていきます。

 室内園芸用で、自重の100%水分を吸収し、腐敗や
 型崩れもしないそうです。


元気の無い兜丸他とか出窓のキリン団扇一部にも使ってみました。
潅水すれば ガチッ とまるで新根が出たように固定します。
肥料はマグアンプKのみ多めに入れました。
それに、害虫の心配はいらないかも? そのうち結果報告します。


今年の5月に接いだペクチニフェラ錦(こちら)の9/24現在 まだ斑の程度は不明だが期待大
縮小:ペクチニフェラ錦A


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
 
スポンサーサイト

花粉の冷凍保存で成功した

8月30日付けで紹介した方法で結実しました。
 ♪(●^U^●)にこ

2個体に冷凍花粉を受粉させたところ成功です。

夕方に受粉させようと、先の紹介記事から少し解凍時間を変更してみました。
冷凍室から冷蔵室に移動して1時間、さらに冷蔵庫から常温にもどして1時間、計2時間で
カプセルから取り出してみました。
なんと、花粉がパラパラとこぼれるではないか。
これはいけると直感しました。
取り出したカプセルは、プシスと金鯱の2個。
プシスは三角袖に、金鯱は鯱頭にそれぞれ受粉させました。

三角袖結実

鯱頭×金鯱
いまのところ順調です。
もうこれで開花日を一致させる必要がなくなりました。

大平丸の開花をみないので、太平丸×金鯱は持ち越しです。
むやみに異種間交配はしないほうがいいと思ってはいますが、多肉では何でもあり?の様子なので試してみます。




 最近咲いた花
黄刺大虹錦
 黄刺大虹錦

大型蓬莱宮
 大型蓬莱宮

アロンソイ
 アロンソイ (極太竜神接ぎ)

黄花プシスB
 黄花プシス

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る



9月の月例会報告

 今月の参加者は11名

例会の様子B
 会場の広さから、20名程度が理想?
 
 近くの方、参加してみませんか。
 (5月にこのブログをはじめてから
 いまだコンタクトなし)



例会の様子C

 一鉢研究より
赤花眉刷毛オモトA
 赤花眉刷毛オモト
 多肉植物ではないのですが、珍しい


墨流しヘキラン
 墨流しヘキラン


墨斑ヘキラン
 墨斑ヘキラン
 上のヘキラン2種類から、苦節5年
 かかって作出したそうですが
 いまだ固定できないとのこと


玉扇
 玉扇…いい顔が出始めている
    とのことですが私には
    (*´д`)??


亀甲ヘキラン
 私の亀甲ヘキラン o(^▽^)o
 ヘラクレス名で購入したもの

 降し自根


 即売苗の1部
即売苗

 サボテンもあったが包装されていて
 写真撮影できず (o´Д`)=з



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

実生用グッズを作る

種子の仕切り板を作ってみました

種が少ない場合、1鉢に複数の種類を播き、それを仕切るためのグッズです。
圧縮:ラベル加工
 材質は、ラベルに使用しているアクリル板
 (t=1mm)
 下の卓上マルノコ (ノコの厚さ1mm)
 で切れ込みをいれる


圧縮卓上マルノコ


圧縮仕切り
 組み合わせて完成 → 超簡単
 以外にしっかりしている 



圧縮:育苗
 プレステラ深鉢(105mm角) を使用
 25粒が限界のようである

 左の華武者錦は、斑が多い個体4個を
 キリンに接いだため少ない。

 斑が全斑の場合は捨てるが、多目の個体は
 キリンに接いで救いたい。





実生接ぎ用ナイフを作ってみました

圧縮接ぎ木用ナイフ
 上:袖とかに大き目の
   穂を接ぐ場合

 中:今回紹介する
   キリン実生接ぎ
   に使用するフェザー

 下:同上用に20本取り寄せた
   医療用メスだが切れ味は
   イマイチ



圧縮フェザー
 卓上マルノコで溝を作り
 ラベルの端を挿しこみ
 瞬間接着剤で固定
 よく切れる




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

種蒔床にミズゴケを試用

培養土の表面約1cm厚に種蒔床として、無肥料の細粒土を使用していることと思います。
芝の目土(赤玉)が一般的だと承知していますが、液肥を与えるとコケが発生します。
これが嫌いで、現在は鹿沼土とイソライトと白バーミキュライトを各1/3混合したものを使用しています。

今度は更に、面倒な輿水をやめようとミキサーで粉砕したミズゴケを混入してみました。
種蒔以降 噴霧器を使った頭からの潅水のみですが、ミズゴケがスポンジのように水分を保持してくれ、鉢にアクリル板で蓋をすれば3日以上は湿っています。

圧縮グラスポット15L
 ミキサーで粉砕したミズゴケ
 
 百均のグラスポット1.5Lに保管
 (百均とは思えない品で密封蓋付)


ちなみに私の実生環境は、すでに紹介済みの出窓にフレームを設置したものです。
朝晩ベッドに座ったまま、快適な気温で管理できます。
窓掃除はできませんが、汚れもしないので気になりません。
加温装置があり冬季実生ができるうえ、培養土を工夫すればキリン団扇の接ぎ苗もそこそこ育ちます。
5mm厚のポリカ透明板をアルミフレームで組み立て、プチプチで覆っています
縮小出窓実生
縮小出窓実生2

じつは、3年程前から粉砕ミズゴケを使って試行錯誤しておりました。
当クラブにも紹介済みで、このアイデアにはお褒めをいただき、実際に「いい結果がでている」との報告もありました。(どんな配合なのか聞いていない)
ミズゴケ単体で使用すると、下の培養土と分離してしまうのと、コケも発生してしまいます。
ミズゴケに苔? (*´д`)??

【用土の配合例:目標ph値6.5】
白バーミキュライト25:ミズゴケ25:鹿沼土20:イソライト20:籾殻薫炭10 (%)
現時点ではこの配合の方が楽で、成績もいいかなと思っていますが、さらに試行錯誤を続けます。

【配合根拠】
イソライト:珪藻土を焼き固めたセラミック製で、保水力があるうえ形崩れしない。
白バーミキュライト:ミズゴケと鹿沼土のph値を弱酸性(6.5)に中和させるため。
鹿沼土:イソライトと共に、コケ?の発生が軽減できるため。
ミズゴケ:根張りと保水が良くなるので、水遣り回数を軽減できる。
籾殻薫炭:酸度調整と吸着(消臭)用に。

圧縮用土いろいろ
     イソライト 白バーミキュライト  鹿沼土    ミズゴケ

圧縮バラ丸10日
 種播き後10日経過 発芽率:12/30=40%

【参考】各用土の土壌酸度(ph)値
イソライトCG(軽石):7.0
白バーミキュライト:7.75
バーミキュライト:7.0
ミズゴケ:4.5
赤玉土:6.25
鹿沼土:5.75
籾殻薫炭:8.5
ゼオライト:7.5
--- 値に範囲がある場合は中間値を表示 ---



△ページトップへ戻る