花の魅力 (2)


 第二弾

 ワインガルチア:花笠丸  2枚
花笠丸A

花笠丸C

 スルコレブチャ:クリスパタ   袖接ぎ
スルコ:クリスパタ

 レブチャ:プルビノーサ  花は 鮮やかなオレンジ色で気に入った もっと増やそう
レブチャプルビノーサ

 ロビビア:オブレパンダ
オブレパンダF

 カマエロビビア:美鈴丸  仔2個を紅花団扇に接いだので来年以降が楽しみ
カマロビ:美鈴丸D

 ベレキホラ:精巧丸
19精巧丸

 コリファンタ:金環触
金環触




 会長の多肉シリーズ NO.8

 阿寒湖:実生A
阿寒湖実生A

 阿寒湖:実生B
阿寒湖実生AA

 玉扇:SPG-2
玉扇:SPG-2C


△ページトップへ戻る

スポンサーサイト

花の魅力 (1)


刺と花の魅力を写真で紹介するシリーズ

 7/10 掲載 「 刺の魅力 (1) 」 に続いて 今回は「 花の魅力 (1) 」 とします
 シリーズにしたいのですが、撮りためた写真が少なく あまり続かないかもしれません
 撮影したい花の時期は過ぎてしまった
 サボテンの花の寿命は儚いが こうして写真に収めれば堪能できる

 ペンタカンサ(聖王丸) 2枚  これは45年前の生き残りで当時は名前知らず
縮小ペンタカンサD

縮小ペンタカンサA

 アチラセンセ
アチラセンセ

  プシス: こんな花 A
短プシ-黄大輪

  プシス: こんな花 B
短プシ-桃巨大

  プシス: こんな花 C    紅鷹の花と比べてみて
短プシ-橙巨大

  プシス: こんな花 D
35プシス赤花

  ソエレンロビプシス?:朝霧 (うろ覚え)
短プシ-桃大輪B

 紫太陽
紫太陽の開花

 バラ丸
04バラ丸群開

 本当に続かなくなるのでこの辺で ♪※☆★※☆♪《*´0`》*。o○またね~♪※☆★※☆♪



 会長の多肉シリーズ NO.7

 ピクタ実生  2枚
ピクタ実生CB

ピクタ実生CG

 玉扇:グリーンバタフライ
玉扇:グリーンバタフライA



△ページトップへ戻る

紅鷹の強制発根


紅鷹の根が前年植え替えたままで細根が出ない

・切り詰めたゴボウ根のまま、新根が出る気配がない
・今年植え替えても変化はなさそうな気がする → 昇天を待つだけ (´Д`;)/ヽァ・・・ 
・あるブログで、水耕栽培風に新根を出させているのを見かけたので実験してみると

紅鷹の発根催促
 なんと 10日程で新根が出始め、液肥を入れてさらに10日程で写真のような状態になった
 ではないか \(^ ^)/
 要は、乾燥した根の半分程度であれば水に浸かっていても根腐れしないということなのか

 それから1年  (少し写っている貝殻虫はスプレーで退治済み)
縮小紅鷹A
縮小紅鷹B
 特徴の無い固体ではあるが、美しい花を周期的に咲かせてくれている

 別の接木苗 このあと接ぎ降ろした
紅鷹



 話は変わって 
 通風に工場扇を細工して取り付けた様子  これを毎日24時間回して電気料金にビックリ
 (風力調整は3段階あるが、弱でも強力である) 嫁の様子 → (╬ಠ益ಠ)ゴルァ!
 そこで、タイマーを取り付けて1/3日だけ稼動するように時間帯を細かく配分設定した
 首振り設定にしている
 農薬も電動散布ノズルをかざしておくだけで全体に拡散してくれる
業務用扇風機設置
 


 会長の多肉シリーズ NO.6
 
  ピクタ実生 3タイプ
ピクタ実生AB

ピクタ実生BA

ピクタ実生C



 △ページトップへ戻る
 


 

7月例会の報告

 7月の例会は 納涼食事会の後 行いました

 食事会:焼肉  参加者は9人  ノンアルコールではつらい
食事会C

 例会の様子  参加者は12人
7月例会A7月例会B
 
 競作苗の品評会:1年経過した 小平丸
競作苗評価
 7名参加
 忘れた:3名
 生育が悪く見せたくない:1名
 提供者:1名
 上位3名に会長から秘蔵苗の
 プレゼントがあった


 来年の競作苗:会長から支給 「いつもありがとうございます」  ☆^▽^☆
 苦労した様子なので 「次回は種5粒にしてはどうか?」 との意見が出たが (。´-ω・)ン?沈黙
 白刺翠平丸×尖紅丸(白刺翠平丸が同時に咲かなかったので代用)
次回の競作苗A


 一鉢研究

 多肉植物ではないが、ハエマンサス:線香花火
ハエマンサスA
 美しさに感動しきり


ハエマンサスB
 肥料喰いなので
 鉢底には牛糞を
 たっぷりと入れて
 あるとのこと


 白ランhyb:特白でビロード肌(恩塚はかかってなさそう)
白ランポー玉C

 矮性花キリン  盆栽風に仕立ててあり風格がある 花はポツポツ咲く程度らしい
 鉢が小さいので 「この風格を保って花は群開に」 というのは無理かも
矮性花キリン

 リトープス:麗虹玉 ”ゾロ”  小粒タイプ
 リトープスA

 最後に 私の 獅子王丸錦  全稜に斑が入っていい感じと思うのだが 駄物かな?
獅子王丸錦B

獅子王丸錦C

△ページトップへ戻る

刺の魅力 (1)


サボテンの刺は癒し系

 癒し系? 恐怖系ではと思われる方も、まずは写真をご覧ください
強刺類

   王冠竜
王冠竜

 普通の金鯱
金鯱1

 刺が少し強くてきれいな金鯱
金鯱2

 王金鯱  どうも成長に伴い 頂部から 醜く形崩れしてしまう
 これも成長点が横に広がりつつあり イヤな予感
金鯱3

 鯱頭
鯱頭

 金冠竜  この個体の刺は金冠と呼ぶにふさわしい
金冠竜

金冠竜G

 大鳳玉:水牛刺 → 気に入っていたが可愛がり過ぎて昇天
 クワガタ刺との交配苗が20個ほど育っているので良しとしよう
2009.04水牛大鳳



 極太竜神木の傍芽に遊び接ぎ 太平丸、スーパーバラ丸×2
竜傍芽接ぎバラ丸
 3個体の接ぎ降ろし発根に1年かかった(カット面は小さいのに)
 どうも極太タイプの竜神木は発根に時間がかかるようである
 左下に弱った竜神木の花と蕾が写っている(毎年2個体ほど咲く)

 採種したいが相手が不在 → 袖のようにプシスと交配してみたが不発 *☆*ォ前バヵ??*☆*
 プシスとは程遠い花である 
 小さな実が長い間付いていたので 自家受精したのかと期待したが 種無しブドウ状態だった
 竜神木の種が出品されているのを見たことがないし、メサガーデンなどで購入する知識もない

 このあと鉢に取上げたら 少し生気が出てきたが 本調子ではない
 袖ヶ浦、三稜柱なども 元気な個体と痩せ細っていく個体ができるのは何故 (*´д`)??
 バイラス菌に侵されているのではなさそうなのだが → 技術がないの一言では成長なし
 というわけで 毎年用土の配合を試行錯誤しているが これといった決め手なし
 特に今年は ココヤシチップ40% 混入でいい感じになり 期待したのですが やや改善?程度
 45年以上(中断20年)栽培し 台木すら満足に育てられない無能ぶりに (;´ρ`)
竜神木開花



 7月12日は納涼月例会 11:30コミニュティーセンター集合 → 食事会(焼肉)
 13:30 ~通常の月例会 昨年の競作苗(小平丸:3歳?)を持参すること
 1位から3位まで賞金あり
 小平丸がたった1年で差が出るのか個人的には疑問  (ー`´ー)うーん



 長くなったので 会長の多肉シリーズは次回に載せます

△ページトップへ戻る

我が家の様々なランポー玉 (1)


 袖に実生接ぎの亀甲紅葉ヘキラン
紅葉亀甲ヘキランB

 実生からこんなのが2個出現
 早く成球の姿が見たくて袖ヶ浦に接いだ 「個体A」 だが
ランポー金平糖タイプ

 H27.07.01現在 こんな姿になった。 将来が楽しみかな ~♪(*´○`)o¶~~♪
縮小金平糖ランポーF
 
 キリン団扇に接いだもうひとつの 「個体B」 未だAほど成長していないが これも楽しみ
 この環境はショーケース風の冷蔵庫を利用し、日照時間が4時間程度(しかも前列のみ)
 の場所に置いてあるから仕方ない (o´Д`)=з 液肥ペンタガーデンに期待
縮小金平糖ランポーA

  A,B はこの 白ランモンスト に似ているが 他人の関係である
白ランモンスト





 会長の多肉シリーズ NO.5

 ピグマエア:粉雪 3枚
ピグマエア:粉雪

ピグマエア:粉雪D

ピグマエア:粉雪F

 マリリン
マリリンE

 このシリーズ、私には名前も価値も (;@3@)何々?ヮヵンナィ?
 が NO.10 くらいまでは続きそう

△ページトップへ戻る

 

ついに入手:ペクチニフェラ錦




かねてより欲しかったペクチニフェラ錦の出品があったのでゲットしました。
故障苗を極太竜神木に接いで復活させたものと思われ、不恰好な形をしておりますが、斑は全稜にあるのでいい感じ
数年後に接ぎ降ろしするつもりなので気にしないし、その分安けりゃいい
ペクチニフェラ錦B


縮小ペクチニフェラ錦J

 ペクチニフェラいろいろ
ペクチニフェラA

 キリン団扇に接いだ唯一成長のよい苗
 一応 錦からの種子ではある


ペクチニフェラB

 
ペクチニフェラC
  同種子の実生苗
 成長旺盛で接木苗にすぐに追い着く
 勢いである
 1本も斑は入らず
  (╬ಠ益ಠ)ゴルァ!!


ペクチニフェラD
  会長から頂き物の錦:径7mmを
 袖に接木したもの
 成長開始直後


 実はこの種類、あまり興味はなかったのですがこの錦の色に魅せられ、実生したいのです。
 いままで サボテンといえば刺と花であったが、そこに渋い肌色が加わったということ
  (◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)




 会長の多肉シリーズ NO.4

 ジュピター系:コレクタA
ジュピター系:コレクタAD

  ジュピター系:コレクタB
ジュピター系:コレクタC

 ジュピター系:コレクタ錦
ジュピター系:コレクタ錦F


△ページトップへ戻る