紅花団扇接ぎ


紅花団扇の台木仕立て

紅花団扇の刺は昨年彫刻刀で切除してある 
やっかいな作業であるが後々扱いやすいし傍芽も出ない
あれ!写真では取り残した箇所から出ている  (。-`ω´-)
紅花団扇接G

紅花団扇接ぎ
 接木準備
紅花団扇接D
 糸架け用にネジを挿入したラン鉢
 これを4個作ってある
 糸は2倍ほど伸縮するものを使用
 (セーターの袖口に混入するナイロン糸)


紅花団扇接F
  ネジを挿入したところ


 接木の様子
紅花団扇接B
 ラン鉢の中に台木の紅花団扇(角鉢)を入れる
 位置を微調整しながら固定する


赤花団扇接ぎ
 室内で10日ほど経過後糸をはずす


接ぎ木後の様子
 露地で接木後5年程経過しているが毎年豪華に花を咲かせている
 ただし、成長はほぼ止まっている スルコレブチャ属?
紅花団扇接J

花
 開花時の様子
 群開後もボツボツ咲く


露地植赤花団扇接

紅花団扇桃太郎A
 桃太郎


プシス
 プシス


紅花団扇カマエロビA
 カマエロビ


紅花団扇姫路丸
 姫路丸:購入種子(明石丸ではない)



 このように花サボテンを露地で栽培するが 桃太郎と姫路丸は無理かも?




 会長の多肉シリーズ NO.3
  コンプトニアナ:飛鳥美人
コンプトhyb:飛鳥美人

コンプトニアナ:(実生)
コンプトニアナ:実生C

コンプトニアナ:水晶
コンプトニアナ:水晶G

 残念ながら私には (;@3@)何々?ヮヵンナィ? 別世界 

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

歩道沿いの花サボテン


 露地栽培のプシスが開花

 6月13日の記事で、今年刷新した苗はまだ小さく 「花は来年に期待」 と書きましたが、そこそこ咲いていました。
露地プシスD

この手前に黄花もある
露地プシスF

赤花プシスA



 接ぎ台に育成中の袖ヶ浦×三角袖が未だ新刺を出さない
露地の袖×2 マルチ材として、ココヤシチップを使用
 用土にも 40%混入した
(チップ40+鹿沼40+完熟鶏糞10+酵養土10)
 ph値を調整して配合したつもり
 ココヤシチップ:3S(3~7mm) 赤玉の半額
 完熟鶏糞:市販品を発酵させ無臭にしたもの
 酵養土:落花生の殻を腐葉土化したもの
 この用土が悪いのか、露地では無理なのか?
 かといって温室にはスペースがない (*´д`)??


台木仕立中
 接ぎ台に育成中のプシス
 実は、刷新のため淘汰されたものを使用
 だから汚いが 「縁の下の力持ち」 に期待
 カマエロビ(赤,黄,白花各種) を接げば隠れる?




 会長の多肉より  hyb:ジャイアントパンダ 2枚
hyb:ジャイアントパンダD

hyb:ジャイアントパンダE

  hyb:銀河鉄道 2枚
hyb:銀河鉄道C

hyb:銀河鉄道E

 アストロフスカ:ミュータント
アトロフスカ:ミュータントE

 多肉は、接写にむかない気がする (ー`´ー)うーん

△ページトップへ戻る

農薬の選定

 こんな害虫や病気に効く農薬は何か?

当クラブで○○に効く農薬は何か?という質問が再々あります。
そこで、当時(5年ほど前)好評だった 「ピシッと効かせる農薬選び便利帳」 という本から抜粋し、ワードに一覧表を作成し、保存していたので参考にしてください。
商品価格は当時ネットで調べたものです。
効き目〔◎,×〕は文章から受ける印象で判断しました。

農薬

貝殻虫の被害に困っている方が多いと思いますが、スプラサイドが最近販売中止?になり、
この表では カルホス、ランガード、アプロードしかありませんね。
最近、スプレー式も販売されていて、被害が数苗の場合は便利です。
(ゴーグルと手袋必須 → ひどく目にしみる)




 会長の温室を訪問し、選別していただいて 多肉植物 を撮影しました。

 万象:ドラゴン
万象:ドラゴン

 玉扇:獅子舞 3枚
玉扇:獅子舞

玉扇:獅子舞C

玉扇:獅子舞E

 ジュピター系:コレクタ錦
ジュピター系:コレクタ錦AE

 たくさん撮影できたので、分割して掲載していきます。

△ページトップへ戻る

月例会:6月の様子


今月の参加者は9人


H27.6例会AH27.6例会B
 参加者はちょっと少なめだった…あと5人出席して欲しい

 一鉢研究風景
各人が、珍品,元気苗,病気苗,名前がわからない苗など話のネタにするものを持ち寄って談議する

H27.6例会H
 クワガタ刺大鳳玉(黒&白)


H27.6例会J
 (・・?)  分かる人には分かる


H27.6例会K
 コンプト×玉扇


H27.6例会L
 ブラックエンペラー:コンプト×万象


H27.6例会I
 有刺烏羽玉


 即売苗 (多肉が多い)
H27.6例会C

H27.6例会E

H27.6例会D
 上の写真の一部を拡大
 右上に珍品(白絹丸モンスト)がある


H27.6例会F

H27.6例会G
 左の2個が一鉢研究苗(親見本)


 次回は、7月12日 11:30 ~ 納涼食事会(焼肉)、競作苗(小平丸)を持ち寄り腕自慢 o(^◇^)o  (*´д`)??




大きな蕾 
ソエレンロビプシス?(花サボテンの名前なんて こんな花 でいいと思ってる) 6月13日
クリーム花蕾
 
6月14日 開花 咲かせると体力を消耗するが 花サボテンの宿命 (;´ρ`) グッタリ
クリーム花B

 6月14日 開花:接写
クリーム花C

この後、月例会に出かけた。  o(*^▽^*)o~♪

△ページトップへ戻る

ラベルについて


ラベルについて …どうでもいい記事です。

ある多肉業者さんが「ラベルのない苗なんて価値はない」と言っていました。
A(^~^#)今、なんとおっしゃいました・・・?
現在この業者さんが取り扱っている多肉植物は、異種間?交配したものが主体で「○○×△△」と記載したラベルがないと売れないからでしょうね。
「あまり知識が無い人も販売対象にしているから」という理由であれば「価値は無い」はいい過ぎですよね。
きっと。
「ラベルのない苗なんて売り物にならない」なら納得 … 言い間違い or 聞き間違い

私はサボテン以外の多肉植物を育てていないせいか、特にラベルが必要だと思っていません。
移植のたびに「名前が分かっているのに(名前だけのラベルは)面倒くさいな」となります。
私がラベルを挿すのは、名前が分からなかったのが判明した苗、購入直後にラベルを作った苗に限ります。
それと、接ぎ降ろし(台付)の苗に色違い等のラベルを挿すのは必要かなと思います。
セリのとき「台は付いてるの?」「台は何?」などの質問がとびかいますから。

最近私はパソコンで、ラベルより詳しい管理をするように心がけています。
健忘症の自覚症状があるから (*´д`)??
ワードに表を挿入し、各苗の写真を貼って「属と名前、購入年月日、入手先、金額、」
を書くのです。これはラベルよりよほどいいですよ。
それに私の場合、訪問客は皆無ですから。

こんなふうに
ネット苗購入記録

写真はオークション時のものをフリーソフト「WinShot」で切り取り、ワードに貼り付けています。
1頁8個まで掲載できます。
ちなみに現在19ページに至ってます。

ラベル作り

購入直後の苗には属と名前を覚えようとラベルを挿すのですが、市販のラベルは薄く、日光に当てると曲がってしまうのでアクリル板(厚1mm)を使って写真のように切断加工しています。
テプラのテープ幅18mm用に、切断幅20mmとします。
ラベルA

ラベルB
← 100×20×1 mm
  簡単です
  これに属名と名前を印刷します
  裏面に入手日と入手先も印刷すれば
  よいのでしょうが (๑•॒̀ ູ॒•́๑)ポリポリ



実生用のラベルは、プレステラスリット鉢専用ラベルを使って以下のように工夫しています。
テプラ
テプラを使ってラベルテープにPCから流し込み印刷
エクセルで入力して専用ソフトにコピペすれば早い
実生用には24mm幅のテープを使用
右に移っているのは18mm幅で通常ラベル


ラベル1
テープの印字面を下に手製ガイダーにセット
くっつくので、シャープペンの先等で誘導する


ラベル2
ガイダーに沿わせてラベルを貼る
通常とは逆で、ラベルテープにラベルを貼る


ラベル3
裏から見た様子
テープの裏紙はがしには左のハーフカッターを使用
これを使わないと ゛(`ヘ´#) ムッキー


ラベル4
所定の位置に綺麗に貼れた o(^▽^)o


ラベル5
実生鉢は、個々の発芽が完了するまで乾燥防止のため蓋をするので、通常の挿し方はできない。
従ってラベルの下の部分をカットする


ラベル6
--- ついでに実生方法も少し ---
この上に覆板(半透明アクリル板)を載せて乾燥防止
通常10日程で発芽が完了する
この時点で、潅水は輿水から霧吹きに替えるので覆板は外す


あっと、これは過去の記事で紹介した出窓フレーム実生の例です
通常、覆板は2ヶ月くらいかけて徐々に外気に慣らしていくのがよいでしょうね
-- ついでのついでに --
播き土(表面の厚さ1cm)には、イソライト、白バーミキュライト、鹿沼細粒を各々1/3 (モミガラ薫炭も少量)配合しています (*´д`)??





去年撮影した屋外露地栽培のプシス類

徳島県の南東部に位置し、積雪はほとんどないから防寒対策はしない。
住宅団地の歩道沿いなので、より目立たせようと今年 ・黄・純白・ピンク の苗に刷新したが、まだ開花は疎ら → 来年に期待
 
露地植プシスA

温室周辺C
 刷新した今年の様子
 開花球ではあるがマバラ咲き 


温室周辺B
 逆から


温室周辺A
 露地栽培の様子
 右下は接木仕立て中のプシス12個
 温室に入らない実生2年目の袖ヶ浦と
 三角袖は未だ新刺出ず (;´ρ`) グッタリ
 露地では接ぎ台用に育たないのか、
 用土が合っていないのか。


△ページトップへ戻る

サボテンの超接写画像集 その2


今回も、私の温室から  超接写画像 を載せます。

 磐石
P5290203.jpg

  ルエッティー 3枚
P5290181.jpg

P5290183.jpg

P5290185.jpg
 残念ながら、ここまで超接写にすると深度合成機能は使えない

 ラウシー2枚
P5290197.jpg

P5290198.jpg

 白条恩塚鸞鳳玉
P5290200.jpg

 クリスパタ 花が綺麗
P5290208.jpg

 桃太郎(紅花団扇接ぎ)3枚
桃太郎1

桃太郎2

桃太郎3

 何だっけかな?
P5290205.jpg

 新刺を出して成長をはじめた会長から頂いた ペクチニフェラ錦 これで径7mm
P5290192.jpg

 屋外露地栽培の 桃花プシス こんなに大きな花を咲かせて大丈夫?
P5290159.jpg

 ほら、こんなに痩せ細って
P5290163.jpg

 ブログ更新で写真だけ掲載というのは楽ですな  (๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪
 というわけで記事を追加




  撮影写真の背景を黒にしたくて簡易器具を考案したので紹介します。

篝火A
 不用になったフロアマット:50×50cm
 アルミフレームを接着して転倒防止 


篝火B
 一部にあった白文字を
 つや消し黒スプレーで隠した


篝火C
 いかがでございましょうか。
 三っつで5百円 ←カラオケの定番
 ◖ฺ|´⌣`*|◗·˳♪⁎˚♫ 
 --少し遊び心が入ってきた--
 モデルは 篝火(かがりび:袖接ぎ)
 5年程前に一度花が咲いたっきり
 手抜き管理で貝殻虫少々(退治済み)


 ↓ 2009.04 開花時の写真
篝火


△ページトップへ戻る

サボテンの超接写画像集 その1

今回は、私のサボテンを 顕微鏡モードで撮影 した画像を載せます。

カメラは、OLYMPUSデジカメ「Stylus TG-3 Tough」
TG-3.png
 ←この画像は借り物です


このカメラは顕微鏡モードで超接写撮影ができるのです。
(実は、これを手にしたからブログに記事を載せてみようと決断した)
左のLDEライトはオプションです。1cmまで被写体に接近できるので必需品です。
右の矢印が顕微鏡モードです。

 まずは、私が一番撮りたかった ゲジゲジ 精巧丸 から!
精巧丸超接写
 
  精巧殿 3枚
精巧殿接写B

精巧殿接写G

精巧殿超接写A
  綺麗 or 気持ち悪い?

  兜丸(だったかな?)花芯
兜丸花芯

  鸞鳳玉の花芯
鸞鳳玉花芯

  バラ丸 3枚 竜神木接ぎ 冬季以外は露地栽培
バラ丸接写D
 
バラ丸超接写A

バラ丸超接写E

  月世界 2枚
月世界

月世界超接写

  束刺カルメナエ 3枚
束毛カルメナエ開花

束毛カルメナエA


束毛カルメナエB

  白星 2枚
白星A

白星B

  メロ:パキアカンタ 2枚
パキアカンタA

パキアカンタB


  SCNモード(普通)で撮影した 獅子頭 :肌の色が好き (✿╹◡╹)ノ☆
眠り獅子B

いかがでしたか。
私の撮影技術では、超接写時のピント合わせがうまくいきません。
が、接写したくなるサボタニもっと探してみようかな?




  次回の徳島カクタスクラブ月例会は
  日付:6月14日(日)
  時間:13:30~16:00
  場所:徳島市「勝占コミニュティーセンター」2階…ガラス工房の横
  
  会員以外の参加は歓迎いたします。

  ☆ 興味があれば会長か管理人までご一報ください ☆
 
  会  長(米沢):088-669-1431
  管理人(田中):090-6289-3461

勝占コミニュティーセンター


△ページトップへ戻る

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

実生苗の根元が細い固体は切断してしまう

気に入らない根元は切断整形すべし

私の場合、実生苗とかカキ仔苗で写真のような根があれば、その後の成長に差し支えると思い切断しています。
また、成球でも瓢箪型に成長してしまったものは見苦しいので、ダメモトの覚悟で胴切り整形します。
よく、兜丸の移植時は根の上で切断したほうが成績がよいと聞きますが、その発想です。
どうしても発根しない場合が多々ありますが、それは縁がなかった苗だとあきらめます。
バイラスを持った苗などは発根しないが、どうせ枯れ行く運命ですから 
余談ですが、胴切りした竜神木は接ぎ台のくせに発根に月日がかかりますね。
1年経っても根が出てないことがあるのは単に下手だから?
(メネデール漬けとか万田酵素漬けも試みたのに)

01徒長根元を切断前
根の出方が気に入らない
巨鷲玉モンスト


 
02切断後
 切断した 
この後、天日にさらして殺菌
念のため、
切り口に筆でベンレートを塗布



03発根例
 発根すればこのような状態になる

いかがでしょうか?
1.5ヶ月ほど成長が止まり、焦りますが
浅植えになり、苗も安定して移植が楽ですよ。
 



----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

【クラブの出来事】
去る3月に香川カクタスクラブとの合同例会があり、その品評会で優勝した香川組の苗
紅葉碧瑠璃鸞鳳玉金平糖タイプ?といったところでしょうか(ヘキランという字を正確に書くと長いですね)
このようなタイプ、花は咲くのでしょうか。
05第一位亀甲ヘキラン

06〃拡大
 顕微鏡モードで撮影:なんだか卑猥で色っぽくないですか

〔参考〕
 顕微鏡モードでLEDライトを点燈しています。
 1cmまで接近できます。
 そのうち、貝殻虫とか根ジラミをもっとアップで撮ってみようかと思っています。

△ページトップへ戻る
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村