三角恩塚ランポー玉、実生では扁平に育たないか

アレオーレさんのブログに 三角恩塚ランポー玉、実生では成長が悪く 扁平に育たなかったが 接ぎ木で成功したという記事が載っていました。
この記事に異論はございませんが、珍しく?扁平に育っている苗があるので紹介します。
ただし、アレオーレさんのような美しい縞模様が無いのが残念です。

P8300078.jpg 三角恩塚ランポー玉
 実生苗 3個

 右下は三角ランポー玉

 恩塚は白点が美しくて
 しかも剥がれないのが
 特徴

 縞模様が美しいのと交
 配した実生は最近全滅
 してしまった
 

P9020027.jpg


P9020033.jpg
 三角ヘキランと
 三角ランポー玉


P9020035.jpg


実生後2年くらいの植え替えのとき、細長い基部が気に入らず 切断して再発根させたものです。
切断によって成長は一時止まりますが、以降は植え替えが楽です。

私は、元気がないとか 形が崩れている個体を見るとすぐに切断したがるのです。
月例会のオークションなどで、型崩れした苗は(安く落とせるから)切ればどうなるか想像してセリます。

根元から上部へと順に切っていくと 元気が無い原因がわかることが多いものです。



          -- 接ぎ木苗 --

P9020017.jpg
 やはり接ぎ木は美しい
 袖ヶ浦接ぎ


P9020019.jpg

P9020015.jpg
 普通の恩塚ランポー玉
 ですが縞模様が美しい


P9020025.jpg
 毛深いタイプ

 恩塚白ランと思うが?


P9020021.jpg
  実生の縞模様苗





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る
スポンサーサイト

今月の例会報告


暑いので毎年 8月は休会としています。

今回の参加者は17名
特筆すべきは 4時間かけて愛媛県(宇和島)から若い夫婦が見学にきてくれたことです。
主題は、来月 香川、高知、徳島 各カクタスクラブの合同例会を 当徳島主催で行ないます。
その打ち合わせでした。

会長からの報告では、高知の牧野植物園から「今年も多肉植物を展示してほしい」と依頼されて
高知カクタスクラブと当会長とで 展示品やら即売苗を供出し、また栽培教室も開くなど
「重責を無事勤められてホットした」とのこと。
即売コーナーは てんやわんやで、品切れ状態。
ちなみに、2年続けて来園者数は年間1位だったそうです。
多肉ブームですね。(サボテンも人気があったみたいです)

     -- 一鉢研究 --

 カメラを忘れて 慣れない携帯の写真ですが、やっぱり酷い画像です
KIMG0013.jpg
 大疣銀冠玉
 ガ━Σ(゚Д゚|||)━ン!!


KIMG0019.jpg
 オブツーサ×??
 ラベルに書いてあった
 が メモらなかった

 当会員の実生苗


KIMG0024.jpg
 これも同じ会員の実生


KIMG0015.jpg
 珍しい斑だとか


KIMG0027.jpg



     -- 即売会 --

 お見せできる写真は撮れなかった

 中身の薄い報告ですが、これで失礼します。




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

キリン団扇・接ぎ降し苗の今

初めてキリン団扇(カット苗6本)を入手したのが H25.08.04 のネットオークション。
ブログで紹介されていた 同接ぎ苗の成長の早さに驚嘆して 手に入れたのです。
ですから、接ぎ木を開始できたのは 平成26年春以降ですから、キリン接ぎ経験は4年足らず。
以前に記事にしたことですが、ここで再び 短い台木を付けて降ろした現在の姿を紹介します。

P8300013 (1)
 これで3年生の銀冠玉
 です

 フワフワ綿毛はまだあ
 りませんが大きく育ち
 ました

 何個か即売に出品した
 ところ キリン接ぎ降し
 を承知で 人気でした


P8300005.jpg
 そろそろ気難しくなっ
 てくるサイズの
 フェロカクタス属
 日の出丸 A株

 まだ植え替えたくな
 かったのですが根の
 状態を確認するために
 抜いてみました

 永久台木にならないと
 言っている方もいます
 が そうかな?

 これなら自根と間違え
 そう
 
 あと3年 成長が続けば
 実証できたことになる
 かと


P8300016.jpg
 右が植え替え前と同様
 のB株
 接ぎ降し台木名添付

 左が植え替えたA株
 一回り大きな鉢に


P8300022.jpg
 根の整理をしています
 がキリン根だから即灌
 水です

 刺好きの私はフェロ栽
 培で試行錯誤し、最後
 には信州育ちの苗を購
 入しては刺落ち
 仕方なく袖ヶ浦に接い
 では降ろしてだった


P8300060.jpg
 大阪の業者から購入し
 た種を蒔いた

 発芽後20日ほどでキリ
 ンに接いだのが下の写
 真


P8300068.jpg
 例によって半割スト
 ローで固定して


P8300070.jpg
 圧力をかけて圧着接ぎ

 これで成功率が良くな
 った

 大きく見えるがボルト
 は案外小さい

 チューブ入りのアイス
 クリームの吸い口を切
 断したもの

 以前はカプセルを使っ
 ていたが湿気で使い回
 しができなかった



日の出丸でキリン接ぎを試行したわけですが、ご覧のとおり 今のところ順調です。
今後は 本格的にフェロカクタス属を中心にキリン接ぎを実践していきます。
なにしろ 四捨五入すれば70才ですから、実生でコトコト悪戦苦闘できないのです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

絵になる黄刺大虹錦の開花写真


私が20枚以上描いたアクリル絵画の中で 自他ともに認める 一番人気の大虹錦が再び開花しました。
去年 咲かなかったので 見頃が過ぎてしまった個体かな? と心配していました。

P8230141.jpg
 やはり 絵になる構図
 *(^ω^@)

 前回より花が躍動して
 るように見える




P8230151.jpg
 6輪同時開花である


P8210133.jpg
 先に咲いた2輪と蕾


P4120090.jpg
 これが前回の絵

 額は手作り

 棹は市販品を切断加工


P4100083.jpg
 これを描いてから筆を
 降ろしているが 描きた
 くなったらまた描こう


P7100557.jpg
 こんなに絵の具を用意
 したのだから

 木箱と発泡剤は手作り


P7100558.jpg
 平均8割ほど残ってい
 る中古絵具80本余りを
 オークションで入手し
 た

 このほかチューブ入り
 を10本ほど追加購入





にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

ベランダに新設した棚の明暗

ある方のブログに 「実生苗を 屋外の日陰に移したところ 軟腐病?で消えることがなくなった」 といった内容の記事が書かれていた。
そこで、出窓フレームだけでは手狭だったこともあって、ベランダに実生苗を置こう と思い立ち棚を新設したことを 8/18 の記事に書いた。
あれから半月、栽培結果をまとめてみます。

         明

P8300037.jpg
 キリン団扇接ぎの各種

 風通しがいいので毎日
 たっぷりの水を与えて
 いるから元気がいい


P8300029.jpg
 成長旺盛で接ぎ穂の確
 保が間に合わず伸び過
 ぎてしまった

 先端が北側に曲がるの
 が気がかりであるが こ
 の傾向は柱サボテンに
 も見受けられる


P8300031.jpg






 多肉少々(玉扇,万象)

 温室で暑さと水不足で
 次々と倒れていた竜神
 木も避暑地のここに移
 したら甦ってきた


 下側に少し写っている
 のは実生ケースの遮光
 板ケースの天端から
 3cm空けている

 ←


         暗

P8300011.jpg
 ( ̄▼ ̄|||) ガーン

 確かに発芽してたのに

 4個のケース全てこん
 な具合である


P8300013.jpg
 消えている


P8300015.jpg
 どうしたことか


P8300019.jpg
 やっと交配できた
 太平丸×金鯱
 お前まで



P8060018.jpg
 こうなって消えていく
 のです

 播種時に殺菌剤(ベン
 レート)を噴霧したのに

 こうなる前に再度?
 無理ちゃう?



       出窓フレーム

P8300044.jpg
 ここから播種直後の鉢
 をベランダに移したが
 逆効果だった


P8300048.jpg
 次々倒れて消えていく
 のも有るが全滅するこ
 とはごく稀である



ベランダ実生が失敗した原因は
 1. 直射日光による日焼け → この季節 庇があるので夕陽が2時間あたるが遮光は万全
 2. 水不足 → 底に水を2cmほど張っていたので むしろ加湿気味
 3. 細菌に侵された → この可能性が一番 1週間毎に消毒すべきだったかな
 4. 風通しが良すぎた → 原産地でも風はあるはずだから それはない

 わからない → 誰か教えて



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る