FC2ブログ

鶴巣丸が刺落ちしたぞー

 
テロカクタス属の鶴巣丸、当徳島県の鳴門市では ここ数年 コウノトリが電柱のてっぺんに
営巣しては幼鳥が巣立っていく。 兵庫県豊岡市の大勢の仲間の下へ遊びにいってるようだ。
徳島新聞には巣作りの写真がたびたび載って、下の写真に似ていたような。
座り心地は最悪だと思うのですが、針治療でもしながら殖やすのかな。
「ワイルドだろー とっても痛いんだぜー」 スギちゃんじゃなくて、松ちゃんでした。

PA120133.jpg 花札等に描かれている鶴は松に
 留まっているが 鶴は爪の形状
 からして松には留まれないのだ
 とか。
 だから コウノトリが鶴として
 描かれているらしい

 古い刺が繊維状にほつれてきて
 異彩を放つ こんな様子から
 命名されたのではないのかな


P4060006.jpg その鶴巣丸
 昨年植え替えて まだ根が充実
 していない間に成長したせいか
 刺落ちしてしまい 今年は花も
 咲かない様子

 鶴には座り心地が良くなった?

 機嫌を損ねてしまったようだが
 2年目の今年は いい刺が復活
 してくれるのだろうか

P4060018.jpg
 やはり刺物の植え替えは難しい
 ものだと再認識
 落ちた刺が目立たなくなるのに
 5年以上かかるだろうし
 その期間に また刺落ちしたら

 カンナ屑のようにほつれる刺は
 鶴巣丸だけが持つ特徴だろうか





P4060020.jpg 刺と言えば フェロカクタス属
 昨年極太竜神木から接ぎ降した
 この金冠竜 気に入っている

 発根していればいいなとそっと
 抜いてみると 2cm程の根が
 5本
 うち 1本は折れてしまったが
 これでひと安心
 あわてて戻したから写真はなし


P4060022.jpg 極太竜神木は発根しづらいから
 刺落ち&発根不可 も覚悟して
 いた
 そんなリスクがあっても これ
 に接がないと 太い刺で偏平な
 現地球みたいに育たないはず
 気休め かもしれないが
 球体が基部から腐らないよう
 台を長めに切断して 浮かせて
 定植した




       --- 今咲いている花 ---
P4060053.jpg
 今年の 桃太郎は 個々の蕾の膨
 らみが異なり いい開花写真が
 撮れそうにないから せめて
 一番花でも

 撮影:4月7日






 にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る


スポンサーサイト

ミラクル兜が トホホ

 
我が家では一番気に入っていたミラクル兜、いつかはこうなるだろうなと覚悟はしていたが
残念です。
今回は 兜の残骸オンパレードです。

P3070065.jpg
 袖ヶ浦接ぎ降しとはいえ
 よくぞここまで大きくなったな
 というのが本音

 兜の実生はたくさん実行して
 きたが 実根ではここまで大き
 く育てる技量はない

 おやっ と思って裏側をみたら


P3070067.jpg
 ああ ついにこうなったか

 もう見飽きた光景である

 気が付かなかったが この画像
 では根ジラミみたいな白い粉が
 見える 


P4130023.jpg ついでだから 今春腐った実生
 兜のオンパレードでも

 この冬初めて施したビニールの
 覆いがいけなかった
 結果論になりますが この冬の
 最低気温は+3.6℃だったのに

 サーキュレータの風を遮って
 しまったのが主原因だろう


P4130025.jpg
 なんとか右の4個は助かった

 これ等はフレームの一等地に
 移して回復させよう



P4130039.jpg
 これ等は そのフレームから
 取り出したもので元気がいい


P4130043.jpg
 フレームの一等地の現況は
 午前中は陽光が当たって
 昼過ぎからやや弱光になる

 風通しは良くないが日向ごっこ
 に丁度いいような東端部分

 最近作ったフレームは一等地
 の条件を備えている


P4130047.jpg
 兜は居心地のいい場所を探さ
 ないと うまく育たないようだ

 逆にそこさえ見つけられれば
 簡単(といいたい)


P7280008.jpg 去年の開花写真から

 これくらい赤いと美しいが
 中途半端に赤いのはどうも

 こんな赤花兜同士で交配した
 1回目移植済が現在70個ある

 初移植に成功すれば今後一度に
 消えることは少ないだろう
 なのにここまで育つのは数える
 ほどで モグラタタキのように
 ポツポツと消えていくのが常


P7280002.jpg
 瑞鳳系との交配と思われる花

 これも可憐でいい






にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る



なんて でかい花なんだぁー

 
トリコセレウス属 交配種 
この属には かつて寒さに強い台木として利用されていた 黄大文字 がある。
原色サボテン事典には27品種掲載されているが、開花写真は1品種のみで色は白。
何故なんだろう、 魅力が無くて 開花まで栽培された例がないのか?
事典では花色表示があるのは全て白としか書かれていないから 赤花のこの品種は貴重
なのかも。

P4110006.jpg

 薄っぺらい花びらですが
 3日持ちました

 こんな大きな花だと一気に痩せ
 細りそうで
 そんなに無理すんなといいたい

 姿は黄大文字に似ている


P4110011.jpg
 基部から分岐して群生するから
 3鉢に増えてそれぞれ蕾が有る

 基部から仔を出しているのも
 あるから簡単に増やせる


P4130017.jpg
 3日目 の全開写真です

 とても成長が早いから台木に
 使ってみよう
 プシスよりいいのは明白?
 何故 台木に使われなくなった
 のか理由がわかるはず
(刺は非常に邪魔ではある)




P4130062.jpg
 この花束は 何者だろうか


P4130063.jpg
 複稜般若の初期タイプ
 でした

 有星類では ランポーに次いで
 般若が好きなのに何故か人気
 が無い
 開花まで年数がかかるから?
 丈夫で美化なのにィー
 底赤なら更にいいから大鳳系と
 交配してみよう

 気難しい兜丸や大鳳玉は栽培の
 試練と受け止めて育てている
 のが現実 (下手なんです)






にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

動かなかった綾波が開花した


下のでかい綾波(袖ヶ浦接ぎ降し)は 5年以上 動かなかった。
もう寿命なのかなと思いつつ、去年植え替えたのが功を奏したのか 10輪も開花しそう。
廃棄処分寸前だったのに、これなら刺も復活しそうな雰囲気。

綾波蕾
 ただでかいだけで成長も止まっ
 ていたが 今年は蕾が10個

 成長点付近は刺なし状態なのに


綾波開花3
 順次 美しい花が開花していく


綾波開花4
 まだ蕾を残しているが これが
 最盛と思われる


綾波開花5
 刺落ちの輪っかができるのは
 避けられないが 刺も復活しそ
 うである


P2250236.jpg
 これは昨年抜いた時の根

 こんなにいい根なのに何故
 何年も動かなかったのだ?

 根詰まりとは思えないのに




ネオポルテリア
 ネオポルテリア属
 多彩玉に似るも SP名で入手

 2鉢あるが どちらも去年は
 咲かなかったのに今年は控えめ
 ながらも咲いた


P4130084.jpg
 別の苗


これ等は 植え替えの影響だと思うが、成球になれば サボテンが 「植え替えてー」 と叫んで
いるように思えるまで植え替えない方針。
聞こえないから判断を誤るのは仕方ないが、毎年植え替えるリスクのほうが大きいと思って
いる。
植え替え後 1年で主に根が充実し、球体の成長は2年目以降 根詰まり(3年?)までだと。
だから 基本3年を目途にしているが、属と使用用土にも左右されので根の充実度を洞察する
力を付けたい と思って植え替えしている。




にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る

今月の例会報告

 
今月の例会参加者は 15名でした。
いろんな話が弾んで 13:30に始めた会が終わったのは17時でした。

       --- 一鉢研究 ---

P4140120.jpg
 亀甲ランポー玉

 亀甲も ここまできたか


P4140122.jpg
 ハオルチアにしては
 下のような美しい花だとか


P4140123.jpg
 まだ咲いていないが 白くて
 大きい花らしい


P4140134.jpg



P4140128.jpg
 タイ産の緋牡丹錦


P4140132.jpg
 緋牡丹錦×翠晃冠錦


P4140136.jpg



       --- 即売会 ---

セリ苗を持ってきたのは 6名でしたが、いつものように多肉が多くて写真撮影は止めました。



にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

△ページトップへ戻る